教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

不登校、ひきこもり

不登校への対応で学校が気を付けること

八重の桜
全国で13万人をはるかに超えるとされる不登校の児童・生徒ですが、まず「不登校」とは、どういった状態を定義しているのかを簡単に整理してみましょう。

・年間30日以上欠席した者(病気や経済的理由に起因するものを除く。)
というのが大筋です。

病気や経済的理由を除くとする中で、不登校に至る直接の原因とされているのは、多いものでは「学校生活に起因」で、友人関係、教師との関係、学業不振、部活動不適応・・・などがあげられています。

また、不登校の児童・生徒への対応について、文部科学省は、教師が不登校児に会えているかどうか?をデータとして公表していますが、この部分には、学校として十分な配慮と英断が必要だと考えています。

このようにデータ化し、分析することは非常に大切なことですが、これを受けて学校現場が、過度に「会わなくてはいけない」と、思い込んでしまうことには、やや危惧しています。

もちろん、教師が児童・生徒と会い、実態を把握し、手を差し伸べることは大切ですが、子供の状態はケース・バイ・ケースであり、ただやみくもに「会わなくちゃ」と学校側に焦りが出ることは避けたいところです。

子供によっては、学校からの過度な連絡が心の負担となり、更に症状を悪化させることもあるでしょう。
十分な見極めが必要です。

ただし、不登校となる児童・生徒の場合、その原因が「虐待」である場合も少なからず存在し、この発見が遅れると、事態は取り返しのつかない場面となってしまいます。
虐待の場合、最も発見できる可能性があるのは、学校、教師であるため、家族との対話の中で、不振に思える点などには、十分留意が必要となるでしょう。

「不登校」と一括りに考えてしまう方々も多いと思うのですが、主な事例だけを見ても、その原因は千差万別です。
それぞれのケースにより、学校が適切な判断と対処をすることが期待され、その役割は、現在の学校教育にとって、実に重要なものとなっています。

不登校やひきこもりに子供がなったとき

桜の季節
親にとって子供は宝。
愛おしく、何ものにも代えがたい存在です。

我が家の子が、不登校やひきこもりになると予想している親はいないし、だからこそ、自分達が直面したときには当惑し、どうしていいのか?さえ分からず悲嘆に暮れる毎日にもなりますよね。

これまでも何度か書いてきましたが、大切なことだと思うので、繰り返しますが、そういった状況になったとき、多くの方々は、誰にも相談できず、家族だけで解決しようとします。

相談できないというお気持ちも、痛いほど分かります。
しかし、いつまでも、どこまでも、家族だけで抱え込むことは、非常に困難を伴うし、孤独感も実に深いものがあります。

埼玉教育サポートセンターを設立した強い思いの中に、そういったご家族のために何かをしたい!という気持ちがありました。

誰かに、心のままに、愚痴でもいい、話をすることで、悩みを共有でき、少しでも気持ちが和らいでゆく。

不登校やひきこもり、これは特別なものだと考えず、大騒ぎせず、あたたかい眼差しで、子供達を見守っていきましょう。
焦りは禁物です。

私は、これからも、不登校やひきこもりで悩むご家庭のために、少しでもお役に立てるよう、ヒントになるであろうことを書き続けていきたいと思っています。

子供の幸せ、家族の笑顔を取り戻すために。

不登校の際に気を付けること

木の実
以前、ひきこもりについて取り上げた際、ひきこもりが=すべて病気であるわけではないと書きました。
不登校の場合も同様で、不登校だから病気と考えてしまうのは事を誤ってしまいます。

ですが、不登校に至る前に病気を抱いていたケースや不登校になったことを子どもが苦にして、病気へ繋がってしまうケースもあります。

我が子が学校へ行かなくなれば、親心として何かを言うし、話しかけようと努力することでしょう。
ある人は厳しく言い聞かせるかもしれません。

そういった場合、特にご留意いただきたいのは、子どもさんが、うつ症状を抱いている場合です。
その際には、厳しい口調で、いわゆるまくし立てたりは、絶対に避けてください。

うつにも重いものから比較的緩やかなものがありますが、悲観的になり、周囲の人の声や意見が痛く響くケースが多い。
言葉で攻め立てることで、最悪の事態を招いてしまうこともあります。

難しいのは、ご家族が子どもさんがうつになっているということに、なかなか気づけない点です。
今後、うつの兆候となるものも書いていきたいと思いますが、既にご心配な節があれば、一度専門医の診断を受けることをお勧めします。

ただし、必ずよくなるということは忘れずに、時間をかけてでも、根気よく接してあげてください。
そしてもちろん、そういった状況になったときは、ご家族、親御さんご自身の健康にも十分留意することが必要です。

子どもさんの元気を早めに取り戻すためには、まず家族が健康で、おだやかに時間を過ごすことが大切です。

埼玉教育サポートセンターでは、個々のケースに寄り添い、学校や教育委員会との連絡など、どのようにしたらよいか?をご相談者様に寄り添って考え、現実に即した対応をしてまいります。

親子とは

猫の日常
家族。
ちょっと大袈裟な言い方かもしれませんが、永遠のテーマのように思います。
親から子へ。子どもから親へ。

特に、母親がもつ子どもへの愛は、この世で最も深いもののように思えるのです。

今、社会問題として、ひきこもりや不登校など、子ども達の周辺で起こっている事象が問題とされています。
しかし、これは、子どもだけの問題ではなく、本人と同じように、いやそれ以上に苦悩する親の姿があるということ。

埼玉教育サポートセンターでは、その理念の重要な一つとして「家族の幸せを」というものを据えています。
笑顔の消えた家庭、暖かい食事をすることができなくなった家族。
たくさんありますよね。

これからもご縁あってご相談いただいた方々のために、本当の笑顔をお届けすべく、がんばってまいります。
皆さんにとって、明日もステキな日でありますように。

ひきこもりにも様々な状態がある

梅一輪
おはようございます。
今日の関東は、青空が広がっています。
朝の深呼吸は、心身にとてもいいそうです。

ふっと息をはき、たくさん新鮮な空気を吸ってみてください。

これからも書いていきたいと思っているテーマのひとつに「ひきこもり」があります。
今回は概論的に、手短に書いてみたいと思います。

ひきこもりと言っても、すべてが同じ状態ではなく、様々な症例があります。
統計では、20歳代が非常に多く、また男女比では、男性のほうが多数であるというデータもあります。
(さらに…)