講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

組織

組織のトップとナンバー2 水魚の交わり

img_1
組織と申しましても、その規模は様々で、一律にして語るには無理があるかもしれません。
その規模に応じて、所属する人々の役割も変化する。

ただ、ある程度以上の大きな組織になるにつれ、そのトップの座につく人物とナンバー2が果たす役割は、非常に大きなものになると、私は考えています。

ここに誰を据えるか?誰がつくか?で、組織は成長もすれば腐敗もする。
(さらに…)

パワハラに気づかない上司達

宮代町進修館
昨日は、ちょっとした仕事がありまして、宮代町役場と、そこに隣接する進修館へおじゃましてきました。

いずれも木を基調とした造りで、ぽかぽかした陽気とあいまって、のほほんとした気持ちになったものです。

ほっとする時間っていいですね。

さて、なぜに職場で人を傷つける事態が起こるのか?を私は真剣に考えてきたし、放置してはいけないことだと強く思っております。
いわゆるパワハラというものですね。
(さらに…)

「自分はこう考える」をもつ

a0023_000049_m
今の世の中には、溢れるほどの情報が転がっています。

大切なのは真偽を見極める眼をもつことであり、自分なりの見解、意見をもつことだと思います。

たとえば、新聞記事になったものやテレビニュースで専門家が語ったことを何の疑いもなく信じてしまうのは、ある意味ちょっと寂しい。

しっかりと自分の考えをもって真実を見極めたいものです。
(さらに…)

相手の肩書きで態度を変える人

32b9cd8a47460cd4e6e93b7690624686_s
接する相手の肩書きによって態度を変える。
私は、そのことをもって全否定はしません。

たとえば、サラリーマンの世界ならば、上下関係があったりと、否応なくそうせざるを得ない状況があるのも現実だからです。

しかし、相手の肩書きを査定して、威張ったりする人ほど信用できないものはありませんね。

そういうタイプほど、自分の肩書きを武器にして、他の人々を貶める行動を起こしがち。
(さらに…)

減点主義から加点主義へ!

356606fd983505cc5db51774348d6563_m
この場で何度か取り上げた記憶があるのですが、今日は改めて、減点主義と加点主義について考えてみたいと思います。

一昔前の日本には、パイオニア精神があった。
未知なる世界への挑戦だと言ってもいいでしょう。

経済成長を遂げた中、成功を得た会社は、大企業と呼ばれる存在となる。
一方、民と共に、大きな組織としては官公庁、いわゆる役所がありますね。

私は、この大企業と役所ともに、いまや減点主義の巣窟だと考えています。
結果、いかに失敗をせずに勤め上げるか?が、至上命題となるのです。

これでは、ちっとも面白くない。
有為な人材だって輩出されなくなる。
(さらに…)