教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

教育委員会

白岡市教育委員会さん主催の研修講師としてお世話になりました


皆さん、こんにちは。
今日の埼玉は、ほんのりとした青空のもと、気候も過ごしやすく、うたた寝をしたいような陽気となっています。
窓の向こうには、柿の木の緑葉が揺れる姿が見えています。
さて、昨日5月18日(木)は、埼玉県白岡市教育委員会さん主催の研修会にて、講師としてお世話になりました。
(さらに…)

教職員の人事異動手続は人事異動希望調書の提出から

8b14bd9a6bc9a6368ed9f2710fdd5298_s
9月に入り、早いもので1週間が過ぎましたね。
この時期は、ちょうど教職員の人事異動事務がスタートする時期でもあります。
一般行政等の地方公務員と比べますと、学校に勤務する教職員の人事は、若干早めの動きとなっているのが実態です。

今回は、そのはじまりとなる人事異動希望調書の作成及び提出について、若干触れてみたいと思います。
たかが調書と考えていると、後々難しい状況になることもありますので、その記入には注意が必要となります。
(さらに…)

義務教育界の体質とこれから求められるもの

橋
子供の健やかな成長、質の高い教育が重要だ・・・・という意見に反対する人は、まずいないだろうと思います。

また、それを実現するために、よく言われるのは、「学校、家庭、地域」の連携です。
たしかに、この3つが協働して教育に取り組まないと、大きな成果は望めない。

いずれか一つが突出したり、どれか一つが欠けても上手くいかず、結果的に子供達の教育に悪影響を及ぼすことになってしまいます。

私はこの、学校、家庭、地域の連携の推進にブレーキをかけている要因のひとつが、義務教育界の体質にあると考えています。

小中学校の先生、一人ひとりは、一生懸命にやっている。
しかしながら、舵取りをする幹部・・・実態のない組織、慣習が、進化を妨げているように思えて仕方ないのです。

高校の状況と異なるのは、義務教育籍で教育委員会などに勤め、幹部の席に座る人は、地元の名士的な人が多く、地元に人脈があるものだから、現役を引退した後も、いろいろな形で影響力を行使する。

また、義務教育界の場合は、あまりにも先輩、後輩の上下関係が顕著で、いつになっても後進に道を譲ろうとしない。
歴史の言葉に例えれば、院政ですね。

時間は常に流れ、時代は変わります。
今、この時に起こっている状況に対応するには、新しい人材、若い力が必須なはず。

嘆かわしいのは、教育行政のうち、家庭教育や社会教育に携わる多くが、義務教育畑の人であること。
即ち、各種協議会などの役員、委員として居座り、なかなか席を若手に譲ろうとしない。

この義務教育界の体質を思い切って改善しない限り、新しい時代を乗り切る英知は生まれないことでしょう。

学校、家庭、地域。
この結びつき、協働を推進するためには、まず義務教育界の体質を抜本的に改革する必要がある。
私は、そう思っています。

今、教師に何が起こっているのか?

春と桜
先日のこと。
「保護者向けの講演テーマでお勧めをいくつか教えてほしい」とのご要望をいただき、何項目かのご提案をしたのですが、その中にあえて、こんなテーマを入れておきました。

「今、教師に何が起こっているのか?」

学校教育を取り巻く環境の変化、教師が担う役割、事務量の増加・・・・。
さらには、保護者や子供との接し方に悩む教師達。

全国的にも、多くの先生方が、うつなどの精神疾患にかかり、長期休職を余儀なくされ、退職を選択するケースも少なくありません。

この現実を学校の管理職や教育委員会だけで収めるのではなく、保護者の皆さんに知ってもらうことが、結果的に子供達の教育環境を良くするものだ・・・と、考えているからです。

学校、家庭、地域が連携し、子供達の健全な成長に寄与していく。
このことに反対する人々は、まずいないことでしょう。

しかし、実際には、この3者の間で、良い関係性が築けているか?は、甚だ疑問です。
お互いが歩み寄り、それぞれの役割を果たしつつ、結果としてよりよい教育が出来る環境をつくる。
そうあるべきだと思うのです。

そのためには、教職員が直面している課題、危機について、保護者も理解を深めることが大切である。
そんな思いから、あえて研修テーマに入れた次第です。

理想の姿になるには、長い歳月がかかるかもしれません。
しかし、小さな一歩でもいいから、どこかでスタートさせなければ、何も変わりません。

すべては、子供達のためであり、明るい未来のためである・・・・と、私は考えています。

教師を辞めたいと思うとき 難しくなる保護者への対応

つぼみ
どんな種類の仕事に就いていても、長い間には辛いこともあれば、「もう辞めたい」とまで考えてしまうことも、一度や二度はあることでしょう。

学校の教師、先生達も例外ではありません。
むしろ、現代は非常に危機をはらんでいる時代だと言っても過言ではないほどに・・・。

教師を辞めたいと考える方々の多数は、その理由に保護者との対応に疲れ果てた・・・というものがあります。
クレーム。それも言われなきことに関する執拗な非難、批判。

本来、理想的な姿は、学校と家庭が良きパートナーであること。
多くの家庭は、「そうありたい」と思っていることでしょう。

しかし、一部の心無き保護者は、まるで自分のストレスのはけ口を先生相手にぶちまけているかのような様相です。

怒鳴るだけではない・・・。
ほぼ毎日のように長時間に及び、教師の人格を否定するような、まるで陰湿ないじめ状態も実在します。

これでは、いくら気持ちを強く持った先生でも、やがては心身共にまいってしまいます。

私がご相談を受けたケースでは、保護者のやっていることが、あまりにひどかったので、録音しておくようお願いしました。
何本にも渡る音声データ。

正直に言って、ここまで来ると警察の範疇と思えるものでした。
脅迫、公務妨害、行政への暴力・・・・。

(このケースは、警察を入れることなく、よい方向で解決させていただきました。)

先生といえど人間です。
さらに、大多数の先生は、一生懸命に日々がんばっている。

そこを理解せずに、根拠無き悪質なクレームを繰り返し続ける一部の保護者のために、多くの先生が苦しんでいます。

退職は思いとどまったものの、うつ状態となり傷病休職に入るケースも少なくありません。

学校の役割の最たるものは、子供達の成長を助け、学びの場として活動していくことです。
たとえば一組の親のために、他の児童・生徒達の授業が犠牲になっていく・・・・。

こういった負のサイクルは、何とかして断ち切らなければいけません。

子供達にとっての幸せは、学校が明るく過ごしやすいことであり、そのためには先生が健康で元気にいてくれることが重要です。

どこかで誰かが、思い切った打開策を施さない限り、先生を守ることは難しいし、結果的に子供達の不幸へと繋がります。
私達が行っている活動は、まだまだ小さなものです。
しかし、いつか必ず全国の先生方へ笑顔の種を蒔けることと信じています。

教職員の皆さん 人事異動は無理!・・・と思い込んでいませんか?

桜 春
年があけ、あれやこれやとしているうちに、すぐに4月がやって来ますね。

教職員の皆さんにとっては、「春には異動があるのだろうか?」、あるいは「異動は出来るのだろうか?」と、心配されている方々も多いことと思います。

一般的に、「異動は難しい」と言われる状況もありますよね。
校長先生から「無理だよ!」と告げられて、がっかりしたり・・・。

しかし、異動が難しいとか・・・・異動対象外というのは、あくまで「原則」であります。
原則があれば、例外もある。

例外を実現するためには、「特別な事情がある」ということを的確に且つ伝えるべき部署に事情が届くようにすればいいのです。

でも、「そんなこと言ったって、分からないよ」と、思われることでしょう。
ごもっともです。

その役割を果たすことも、当センターが得意とするところです。

実際、今年度、ご相談をいただいた先生は、極めて異動することが難しい条件下にありましたが、ほぼ異動できることが確定というところまで来ています。

その先生のケースが、どれだけ難しかったか?というと、次のような条件下だったのです。

〇異動一年目
〇体調を崩し病気休暇
〇その後、休職中

この条件で、校長や教育委員会に異動したい・・・・と希望しても、「無理です」と、十中八九言われますよね。

しかし、当センターでは、その難題を動かしました。

特別な事情をピックアップし、「どこに、何を、どんな風に伝えるか?」を熟知しているからです。

私達は、辛い思いを抱き、悲しみの中にあり、絶望感さえ抱く先生方を一人でも多く救いたい!
そのために全力を尽くします。

諦めることはありません。
お一人で悩まず、ぜひ当センターまでご相談ください。

こういった案件についは、代表自らが対応させていただきます。

お電話はお気軽に。

0480-31-6812
埼玉教育サポートセンター

公務員の再任用制度は組織の活力をなくす

苔
年金の受給対象年齢が引き上げられたことに伴い、定年後も「再任用職員」として勤務する制度が自治体にもあります。

生活がかかっているわけだし、食べていくためにも必要であることは、よく理解できます。
しかし、私は、その運用に大きな間違いがあると、常々思っています。

まず、定年退職をしたからには、仕事人生の区切りを終えたわけで、身の処し方も必然変えなければなりません。
あくまで、年金受給までの収入を確保するという方法として、再任用制度は考えなければいけない。

嘆かわしいのは、現役を引退し、本来なら後進に道を譲るべき大幹部達が、再任用となっても「管理職手当」を受給し、こともあろうか、ライン上に席を置いている例が少なくないことです。
(※ ラインとは、所掌する事務のために、部下を持ち、指揮監督する位置にあること。)

この弊害は大きい。
定年した職員が、辞めてからも部下を持ち、そのために若い人達のポストがなくなっていくのですから。
組織全体の活力は減退し、意欲を削ぐことに当然繋がることでしょう。

再任用制度の存在自体は認めるとして、私は、理想的には、次のように取扱うべきだと考えています。
〇再任用として働く際には、現役中の職位がどうであれ、全員を同じ条件として、一担当として勤務させる。(理想的な在り方)
〇どうしても、幹部を優遇したいなら賃金を上乗せするなど、給与の額で報いる。(次善の策)
〇それも出来ないなら、ラインに入らないスタッフ職として、特命事項のみを任せる。(妥協策)

要するに、幹部として引退した人を「権限」や「職位」で優遇するのは、愚の骨頂ということです。

人間性が最も顕著に現れるのは、出処進退のうち、「退」だと古くから言われています。
この最も重要な決断を出来ない人々が多過ぎる。

このまま、続々と再任用グループが増殖すれば、各自治体のパワーは減退の一途を辿ることでしょう。

また、再任用に頼らざるを得ない状況を作ってしまった人事行政にも猛省をうながしたい。
若い人こそ、どんどん登用し、新しい時代を築くべきなのです。

繰り返し言いたいのは、現役を退いたからには、過去の役職は忘れ、後進のために道を譲るべき!
そうでなければ、これから数年のうちに、組織は活力を失い、弱小の群れと化すことでしょう。

教育公務員の精神疾患増加とその背景

小川
公立学校教職員(教育公務員)の精神疾患者数が非常に増加しているということを、これまでも取上げてきました。
人数でいえば、年間約5000人の教職員が、病気休職として発令されています。

5000人というのは、「休職」発令された数ですから、精神疾患により有給休暇で休んだ方々を含めれば、数倍規模に及ぶであろうと、私は推測しています。

この状況は、何とかしなくてはいけません。
特に申し上げたいのは、本人の健康上の問題としてだけ片付けてはいけないということです。

それだけ学校を取巻く環境が昨今変化してきたことを私達も共に考え、協力していかなければ、事態は改善されていかないことでしょう。

厚生労働省がまとめた統計によれば、労働者の精神疾患は、平成11年度と平成20年度を比較すると、1.58倍と増加しています。
一方、文部科学省が発表したデータでは、同じく平成11年度と平成20年度を比較した場合、教職員の精神疾患による休職者数は、何と2.84倍とされており、この約10年間に激増していることが読み取れます。

私達は、しっかりとその背景を考え、対策を講じていかなくてはなりません。
昨今、家庭の教育力が落ちた・・・と言われ、また、地域の繋がりが希薄化しているという状況にあります。

虐待、DVなどは、その典型例だと言えるでしょう。

それらのこと共の大きな部分を学校(教職員)が背負っているという現状があるのではないか?
私は、そう考えています。

また、管理職をはじめ、共に働く仲間の間に、精神疾患への理解と正しい認識を普及させていくことも大切です。
各自治体において、管理職向けの研修は行われてはいるものの、それが、どれだけの効果を上げているのか?甚だ疑問です。

教職員一人、ひとりが有為な人材です。
大切にしていかなければならない。

私共、埼玉教育サポートセンターでは、一人でも多くの先生方を救いたい!ということを大きな使命の一つと考えています。

一人で悩むことはありません。
私達は、いつでも皆さんに寄り添ったご助言をしてまいります。

絶望はありません。
どうぞ、お気軽にお電話ください。

0480-31-6812

エジソン「一万回の失敗」に思うこと

灯り
トーマス・エジソンといえば、偉大なる発明家として、その名を歴史に刻んでいます。

エジソンは少年期から、ものすごい好奇心の塊だったそうですが、学校生活には馴染めず、先生からも見離されたという話は有名です。

そのエジソン、白熱電球をつくるにあたり、1万回の失敗を重ねたことについて、こう答えているそうです。

「失敗ではない。うまくいかない方法を1万通り発見したんだ」

気持ちのいい言葉ですね。
本人は意識していなかったでしょうが、そこには不屈の心を感じます。

失敗は悪いことではない。
いや、大いに結構。

失敗するということは、何かにチャレンジしたからこそ経験できるものですからね。

身をもって味わい、学ぶ。
そこには、頭だけで覚えた知識を遥かに超越するパワーが潜んでいます。

嘆かわしいのは、役所にしても、大企業にしても、「いかに失敗しないか」が重んじられ、失敗せず実直且つ安定して仕事をしてきた人を登用する傾向にあります。

そういう風潮になって、何が一番悪いかと申しますと、失敗しないことを皆が念頭に置くために、「面白い人材」が生まれてこないことです。

役所、大企業から、まず率先して減点主義からの脱却を図ってほしい。
よいところを見つけましょうよ。
ひとつでも輝くものをもった人物を見つけ、登用することこそ、人事の根幹ではないでしょうか。

教職員人事は、今が大切なとき

春の花
つい先日、新年を迎えたと思いきや、学校関係は行事も目白押しで、あっという間に年度末ですね。

今回は、教職員の人事異動に関することを、参考までに書いてみたいと思います。

都道府県によって、人事事務の進め方は、若干の違いがありますが、ほぼ次のような流れで進んでいきます。

〇秋口(10月頃)に、人事異動調書を配布⇒回収
〇提出された人事異動調書や所属長からのヒアリングを元に、年末くらいから人事担当者が異動案の作成を行います。
〇年が明け(今この時ですね)、人事担当者は、組み立てた人事案を調整しつつ、上司への説明をしたり、指示を受け、固めていく作業に入ります。

教職員の場合は、一般的に行政職員よりも、約1ヶ月ほど人事事務が早く進んでいると考えてもいいでしょう。

人事とは人の事ですし、突発事項もつきもの。
3月下旬に急遽変更ということもありますが、それはごく稀なケースで、2月に入れば、ほぼ固まっていると考えてよいと思います。

となると・・・・・
今が一番大切な時期」であり、このタイミングを逃すと、何か自分に特別な事情が生じている場合、考慮してもらうことが、どんどん難しくなっていきます。

人事とは、本人にとっては一大事ですが、人事担当者にとっては、数千人あるいは万を超える数をこなしています。
何か、特別な事情がある・・・・あるいは生じた場合には、しっかり伝えることが必須です。

ただ、現場の校長先生も一部を除けば、そのへんの機微を熟知している人は少ないのも現状。

今後、教職員の皆さんに何かがあった場合、私共としても全力を尽くしますが、今の時期になると、なるべく早くご相談いただいたほうが、よい結果をお出し出来る可能性が高くなります。

今春の人事で、お悩みの方、何か特別な事情を抱えていらっしゃる方々におかれましては、この時期を逃さず、ぜひ早めのご連絡をお願いします。

埼玉教育サポートセンターは、実際に、「極めて困難」と言われた案件をご依頼者様のご希望に沿った形で成就させている実績があります。
安心してご相談いただきたいと同時に、重ねて申し上げますが、今この時期が大切なので、お迷いになっているならば、早めのご連絡をお願いいたします。

ご連絡については・・・・
お電話:0480-31-6812
又はメール saitama@kyouiku-support.com
まで、お願いいたします。

皆さんに、ハッピーな春が訪れますように!