教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

メンタルヘルス

休んでいるのに休めない 精神疾患のつらさ

7efc54f0a2ce78f4a17840bb8f179691_s
現代は、ストレスの多い時代だと言われます。
時間が流れるスピード、あふれかえる情報の渦。
また、人の心に余裕がなくなってきていることも大きな要因かもしれません。

精神疾患に対する偏見は、残念なことに実在します。
しかし、誰もがなり得るものだということも、しっかりと認識しておく必要があると考えます。

仕事に一生懸命取組み、多くのもの、時間を犠牲にしてでも、職責を果たそうとする。
その結果、自分の心身を壊してしまうのですから、こんなに辛いことはありません。

精神疾患にも重度は、それぞれ異なりますが、その治療、回復のためには、ある程度の期間、ゆったりと休養をすることが必要です。
逆にいえば、時間をかけて、しっかりと治療をすれば、必ず戻れると考えていただければと思います。

ここで課題となるのは、この休養を取っている期間の過ごし方です。
職場によって呼び方は異なりますが、たとえば病気休暇とか休職。
ある程度以上、長く療養する時期のことです。

本来、体調を回復させるための休養期間なのですが、仕事、職場のことが気になって、心が安まらないというケースが非常に多い。
そのことで、むしろ余計に体調を崩してしまうケースさえあります。

真面目にがんばってきた方々は、つい「職場に迷惑をかけている」と思いがちです。

表現が適切か?は、分かりませんが、回復するための休養ですから、あえて「堂々と休んでください」と申し上げたいと思います。
何も、卑下する必要などありません。

これから、高く飛ぶために、一瞬腰をかがめてみただけです。

ただ、現実問題として、前述したように、休んでいながらにして、実際は休めていない実例が多いのも事実です。

そんなかたがたの一助になれればと思い、私は活動を続けています。
気持ちを楽にして、ゆっくりと、安心して休める環境づくり。
日々の生活において、少しでも気持ちを楽にして療養に専念できるために。

長期にお休みされている場合には、必然的に話し相手や相談相手に恵まれない、あるいは限られてしまうケースが多い。
そういった辛い状況から、抜け出すために、私は、寄り添いながら、少しでも、お気持ちを楽にお過ごしいただくお手伝いをしたいと願っています。

そのようにして、ゆっくり安心してお休みになることが、回復への早道なのです。

どうぞ、お気軽にお問合せください。

埼玉教育サポートセンター
0480-31-6812

担当:依田(よだ)

地方公務員・教職員の年休・病休(病気休暇)・休職に関して

9e3c0d37647ec7e3d6a1d7abcd4be9f9_m
現代社会は、ストレスとなり得る種が、至る所に舞っている感があります。
情報の氾濫、求められるスピード感、あるいは人を思いやる心の欠如。

ある意味、人間関係がドライになり、感受性の強い方々ほど、辛い思いにさいなまれる世の中と言えるかもしれません。

実際、職場での生活が大きな負担となり、うつ状態になったり、双極性障害になられる人々も増加しています。
それは、地方公務員や教職員も例外ではありません。
いや、例外ではないというより、むしろ多くの皆さんが、苦しんでいらっしゃるのが実情ではないでしょうか。

そんなとき、どう対処すればよいか?
どのように休養を取り、鋭気を養えばよいのか?
(さらに…)

朝早く出勤して遅く帰る職員を評価しない

つつじ
私は、教師、いわゆる先生という存在を尊敬もしているし、親近感も抱いています。
それを前提にした上で、改善してほしいと思うことをしたためてみたいと思います。

大凡、教師という職業の人々には、勤務時間という概念が希薄だと思うのです。
忙しいということは、十分に承知しています。

しかし、あまりにも勤務時間に関する意識が放置され過ぎてはいないか?という危惧を覚えるのです。

私は以前、いろいろな校長さんから職員に関する評価とも受け取れる話を聞いたことがあります。
驚いたのは、その評価の基準が、どこも似たようなものであったこと。

「○○先生は、朝は早く出勤するし、夜遅くまで仕事をしているんですよ」と。
(さらに…)

パワハラに気づかない上司達

宮代町進修館
昨日は、ちょっとした仕事がありまして、宮代町役場と、そこに隣接する進修館へおじゃましてきました。

いずれも木を基調とした造りで、ぽかぽかした陽気とあいまって、のほほんとした気持ちになったものです。

ほっとする時間っていいですね。

さて、なぜに職場で人を傷つける事態が起こるのか?を私は真剣に考えてきたし、放置してはいけないことだと強く思っております。
いわゆるパワハラというものですね。
(さらに…)

リハビリ勤務(復職訓練)に悩む地方公務員・教職員の実態

たんぽぽ
地方公務員、教職員がうつなどの精神疾患で休職に入った場合、復職にあたっては様々な手続が必要となります。
その手続が、数年前とは様変わりし、療養をし体調を整えつつ、いざ復職をしようとしている方々にとっては、ある意味障壁になっているのも事実です。

精神疾患での休職から復職するためには、復職前に可否を判定するためのリハビリ勤務が求められます。
この呼び方は、自治体によって様々で、復職訓練とか試験勤務などともされています。
(今回は、「リハビリ勤務」という表記で、説明申し上げたいと思います。)

リハビリ勤務とは、簡単にいえば、本当に復職させても大丈夫か?ということを観察するための準備期間であり、この期間を利用して徐々に仕事に慣らすという意味も含まれています。
ただ、そのスケジュールが非常に厳しいのです。
(さらに…)

初めてのときには周囲が優秀に見えるもの 気にしない、気にしない

89694464a430914b2862e0b39785db06_s
4月1日。
新年度のはじまりですね。

人事異動があった方々、新しく社会人となられた皆様、おめでとうございます。

環境が変わると、何もかもが新しいことばかりで、最初は戸惑うことがあるかもしれません。
しかし、時間と共に必ず慣れてしまいますので、のんびりまいりましょう。

また、新しい場所へ赴いた時期には、以前から努めている人達が、何かと優秀に見えてしまうことがあるかもしれません。

それはそれ。
ある意味、当たり前のことだと割り切りましょう。
1年、2年と同じ仕事をしていれば、そりゃ~慣れているはずです。
(さらに…)

あまり人生を重く見ず

90c3b8e9aa78ef97224c9129fa701a09_s
命の尊さが各所で叫ばれる時代。

現代は、ストレスも多く、あるいは時代が病んでいると申しますか、陰湿ないじめなども横行し、あまりにも悲しい結末を迎える事例も後を絶ちません。

ひと一人の命は重い。
まさに、そのとおりだと思います。

ただ、あえて言いたいのは、そのことをどう伝えるか?ということ・・・。

あまりにも神妙に、あるいは事務的に伝えてしまっては、逆効果になる可能性もあると思うのです。
(さらに…)

精神疾患から復職した際に気をつけたいこと

7e3fa054cdee70b62e5e4cf714754256_s
現代は、ストレスの多い時代だと言われます。
仕事のスピード感も一昔前と比べれば、随分と変化したことも事実だし、ある意味人間くささが極めて減少した時代だとも言えそうです。

そんな中にあり、過度のストレスを抱え精神疾患にかかってしまう方々も少なくありません。

本格的に体調を崩してしまった場合には、回復するまでには、それに見合う療養期間が必要です。
決して焦ってはいけないと思うのです。

あまりに復職を急いて、余計に体調を悪化させてしまったというケースも多く見受けられます。
(さらに…)

病気休暇(病休)や休職中も休めない人達

tsukushi
教職員をはじめ地方公務員には、病気休暇(病休)、休職という制度があります。

疾病等により、勤務が困難になった際、職場をお休みするものです。

体調が悪いから休むのであって、じっくり療養に専念できればいいのですが、現実には悲しいかな、なかなか理想的な療養期間に充てられていないケースも多いのが実情でもあり・・・。

というのも、地方公務員、とりわけ教職員が病休あるいは休職に入るケースのうち、その大部分を精神疾患が占めているという事情もあるからです。

この場合、せっかくの療養のために休んでいるにもかかわらず、ついつい自分を責め、むしろ体調を崩してしまうという負の連鎖に陥ってしまうことが、少なからず起こっています。
(さらに…)

無理にポジティブ思考を意識しなくても・・・

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_m
気持ちがアクティブであるということはいいものですね。
行動力につながります。

ただ、現実の世の中を見ていると、ストレスを抱え、悩みの中にいる方々が多いのも事実だと思います。

書店には、いわゆるポジティブ思考ものの本が沢山置かれている状況もありますね。

たしかに、ポジティブ思考というのは大切なことだと、私も思いますが、本格的に体調を崩したり、落ち込んでしまったときには、ポジティブであろう!と務めることが、逆の結果を導き出しかねません。

自然体でいいのではないでしょうか。
(さらに…)