教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

お母さん

親の学習について 雑感

紅茶
昨日は、早稲田大学 人間科学技術院の嶋田洋徳教授のお話を伺ってきました。

嶋田さんは、行動臨床心理学、認知行動療法を専門とされている方で、臨床心理士としてもカウンセリング等を行っておられます。
その中で、「認知行動療法」は、うつ病にも効果があることが分かり、現在ではこの治療は、保険適用になっているそうです。

今回、嶋田さんからお話を伺った内容は、「親の学習」について。
ご存知の方々もいらっしゃると思いますが、親の学習は、保護者のみならず、中高生を対象とした「親になるための学習」も含まれています。

いわゆる「家庭教育」の領域に入るものだと思っていただければよいでしょう。

よく言われるのは、子供を育てるには3つの場所があるということ。
「学校」、「地域」、そして「家庭」です。

昨今は、学校へ求めるものが広く、重くなっていると実感します。
たとえば、子供のしつけ。
現代は、それさえも学校の責任とする風潮があります。

もちろん、学校生活の中でも、そういったことを学んでいきますが、肝心なのは家庭です。
いくら学校が教えても、本丸である家庭が、それを壊していってしまう・・・・という例が多発しています。

そこで、家庭の教育力を向上させる取組が多々行われていますが、「親の学習」も、その一つです。

特徴的なのは、かの郵政民営化と同じ時期に、「家庭の責任」が、法的に明記されたこと。
これは、家庭崩壊など、深刻な問題が拡張の一途を辿る現状への危機感もあったがゆえでしょう。

たとえば、成長に必須な食事。
朝ご飯は、こういったメニューで!とか、睡眠は規則正しく・・・・とか。

ここで、注意したいのは、現実問題として、毎日、毎日、完璧な食事を用意するのは、親にとっても、かなりの負担になるということです。

そこで、嶋田教授は言います。
「長続きするコツを考えていくことが有用」だと。

たとえば、今日は理想の朝食は無理だけど、ここまでなら出来るとか・・・。
そんな日があってもいいということ。

一歩ずつステージ(階段)を昇っていければいいのだという意見は、現実をよく見た上での見解かと思います。

何かを学び、それを実践する際には、言われたとおりにやらなくては!
という思いに駆られがちです。

しかし、それぞれが置かれた環境の中で、まずはここまでやってみよう、という気持ちになってもらうことが重要だということ。

完璧を求めるあまり、家庭から笑顔が消えてしまっては、本末転倒ですからね。

一歩ずつ、少しずつ、幸せな家庭をつくる階段を歩んでいきましょう。

「おいしかったね!」の一言が幸せを運んでくる

朝食
食事の大切さについては、これまでも何度かご紹介してきました。

理想的には、家族そろって、時間をかけてゆっくり語らいたいところですね。

ただ、現実を見ると、家族とはいえ、毎日の生活パターンが異なり、なかなか理想どおりにはいかないケースも多いことでしょう。

現代は、外で働いているお母さんも多く、忙しい一日を送り、疲労の中で、あわててご飯を用意するということもありますね。

そんなお母さんがつくってくれた食事には、さりげなくで良いので、感謝を伝えたいものです。
その気持ちが伝われば、お母さんだって、料理をすることが苦にならず、幸せを感じるはずです。

料理を苦痛だと思って用意したものと、料理が楽しいと思ってつくったものでは、まったく幸福度が違うのです。
心にもビタミンを与えてくれます。

お母さんへの感謝。
簡単なことでいいのです。

魔法のような一言。

食事の際、「いただきます」、「ごちそうさま」と言う。
大切なことです。
しかし、これは結構多くのご家庭でされていることと思います。

もう一言!
「おいしかったね!」
と、言葉にしてみてください。

今は、食糧を得るに困る時代ではありません。
しかし、朝の連続ドラマ「花子とアン」でも描写されるように、白いお米があるだけで幸せだった時代もあったのです。

日々、食卓に花を添えてくれるお母さんに感謝を込めて。

「おいしかったね!」
と、言ってあげてください。

そんな家庭には、必ずや陽光がさすことでしょう。

一生懸命だからこそお母さんは悩む

チューリップ
時々、子育て中のお母さんからお便りをいただいたり、お電話を頂戴します。

ほとんどのお母さん達が、「子育てって大変ですね」と仰います。

私、数年前に子育てアドバイザーさんの研修などを担当していたことがあるのですが、アドバイザーさん達のお話を伺っても、やはり悩みを抱くお母さん達は非常に多く、体調を崩してしまうこともしばしばあると仰っていました。

現実問題として、子育ての悩みからご自分の健康を害してしまうケースがあるわけですね。
そのことで、自分を責めるお母さんもいらっしゃいますが、そんな必要はないですよ。

悩むのは、子供のことを思う心強く、一生懸命だからこそ。
ふっと息を抜いて、肩の力を抜いて、幸せなことを一つずつ数えてみてください。

愛するもののために悩むことは、決して悪いことではありません。
そう、お母さんは偉大なのです。
子供にとっては永遠の味方ですから。

親子の絆~おはようの一言で

奈良
「親子の絆は大切です」と、私が言ったとして、余程のことがない限り、ほとんどの人は「そうだよね」と思うことでしょう。

ただ、親子の絆を深めるために何をしているか?となると、それこそ千差万別だといえるでしょう。

ご存知のとおり、子供達には思春期、反抗期があります。
そのときにどう接するか?

絆を深めようと、あまりに細かいことまで多言になり過ぎてはいないか?
ああだこうだと、同じことを何度も問い詰めていないか?

逆に、親子、家族ではあるが、会話がほとんどない家庭もあることでしょう。
何とかしなくては!と思いつつ、どうにも妙案が浮かばないといったことも・・・。

まずは、シンプルな言葉で語りかけてみましょう。
「おはよう」、「いってらっしゃい」、「おかえり」。

もし、返事がなくても、ぜひ続けてみてください。
特に、朝の挨拶は気持ちよく明るいトーンで発したいものです。

必ずや子供達の心に響いていくことでしょう。

外に出ればしっかりしているもの

トマト栽培
子どもしても、お父さんにしても、家にいればゴロゴロ寝ていて、部屋はといえば散らかり放題。
こんなご家庭もあることと思います。
いや、結構多いのでは。

「おはよう」と朝の声をかければ、眠たそうに「ああ」とだけ。
まぁ、朝の挨拶は気持ちよくしたほうがいいと思いますが、よく考えれば、それだけ無防備で安心しているということでしょう。

「うちの子は、まったくだらしがない」とは、よく耳にする言葉ですが、いやいや一歩外に出れば、礼儀正しいしっかり者かもしれませんよ。

家族が心配するよりも、ずっときちんとしている場合が多いし、我が家が何より脱力できて居心地がいいから・・・と考えてあげましょう。

「ご飯まだーー!」と、催促するような家庭なら、まず大丈夫です。

こういったように、子ども、我が家の外での姿、様子は、身近にいる家族でも、いや家族だからこそ見えない部分が多いもの。

視点を変えれば、明るく振る舞っていても、心に重荷を抱えていることもあります。
生活習慣のちょっとした変化の中に、心を病む前兆は表れています。

食事を摂らなくなる。
お風呂や歯磨きなど、日常生活における単純作業をしなくなる。
毎朝、早朝に目を覚ましている。
悲観的な言葉を言うようになる。

いろいろ前兆はありますが、家族だからこそ、気づかないことも多いし、家族しか分からないことも当然あります。
「お母さん、ご飯、おかわり!」
こうして、お母さんをこきつかっているうちは、まず大丈夫です。

家族とは、格好をつけずに自分の素を出せる場所。
そんな空気をつくってください。
親子で、テレビのチャンネル争い?おおいに結構です!

親子とは

猫の日常
家族。
ちょっと大袈裟な言い方かもしれませんが、永遠のテーマのように思います。
親から子へ。子どもから親へ。

特に、母親がもつ子どもへの愛は、この世で最も深いもののように思えるのです。

今、社会問題として、ひきこもりや不登校など、子ども達の周辺で起こっている事象が問題とされています。
しかし、これは、子どもだけの問題ではなく、本人と同じように、いやそれ以上に苦悩する親の姿があるということ。

埼玉教育サポートセンターでは、その理念の重要な一つとして「家族の幸せを」というものを据えています。
笑顔の消えた家庭、暖かい食事をすることができなくなった家族。
たくさんありますよね。

これからもご縁あってご相談いただいた方々のために、本当の笑顔をお届けすべく、がんばってまいります。
皆さんにとって、明日もステキな日でありますように。

お母さんと子どもは、生まれてからも一緒

ミニトマト
母親が我が子を思う心は、表現できないほどの深い愛に満ちている。
そのことは、以前も書きましたが、「お母さん」というテーマでは、これからも書き続けていこうと思っています。

長い時間、お腹の中にいる赤ちゃんを大切に守り、子どもが生まれ、成長し、いつしか親の元から巣立っていく。
そのどんな時期にあっても、母親が子どもを思う強い気持ちには変わりはありません。

お母さんとは、本当に偉大なものだと実感します。

(さらに…)

幸せそうな家庭に見えても 誰にも話せず苦労しているケースが

tori
おはようございます。依田です。
土曜の雪による交通機関の乱れなどが心配されましたが、今日の関東は青空がひろがっています。
お疲れ様です。

今回は、幸せそうに見える家庭でも、本当は大変な悩みを抱えているケースも多い、ということを書いてみようと思います。
誰もが羨むような明るい家族っていますよね。
自分達もあんなふうになりたいと。

しかし、現実をみると、大きなご苦労を抱え、毎日悩みの中にあるご家庭も少なくありません。
そして、辛いことは、そういった悩みというものは、仲のいい人に対しても、なかなか話せないし、自分だけで苦しむケースが多いということです。
(さらに…)

浅草の母 お母さんはすごい

浅草のお正月
毎年、お正月には、県庁時代の友人達と初詣を兼ね、浅草散歩へ行っています。
この写真は、そのときのものです。天気に恵まれました~。

友達というのは、本当にいいものですね!

浅草へ行くと、必ず立ち寄る場所があります。
言問橋の近くにある老舗の桜餅屋さんです。
(さらに…)