教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

教職員 地方公務員 人事

新年度を迎えて 気楽にまいりましょう

暦は4月となり、まさに春真っ盛りですね。
思えば、この季節は新しいスタートでもあり、出会いと別れが交叉する時期でもあります。
まずもって、皆様にとって、素晴らしい一年になりますことをお祈りいたします。
さて、この新年度というものは、受けとめ方も人それぞれです。
希望に満ち満ちた人もいれば、どうも憂鬱だという方々もいらっしゃることでしょう。

(さらに…)

教職員が病休を取ったり、休職をした場合には異動は出来ないのか

季節柄もあると思うのですが、人事異動に関係するお問合せが増えております。
お一人、おひとりにとって重要なことですし、心配になるのもよく分かります。
特に、体調を崩されていた方々の場合には、ナイーブになって当たり前だとも思うのです。
今回は、よくいただくご質問のうち、病休を取得したり休職に入っていた場合には、翌年度の人事異動は出来ないのか?ということについて、まとめてみたいと思います。

(さらに…)

うつの兆候 周囲が気づいてあげること

長く仕事をしていれば、体調を崩すこともありますね。

現実としては、教職員が病気休暇、休職となるとき、その多くが、うつなどの精神疾患であることも事実です。

ひとつ言えるのは、精神疾患は、何も特別な病気ではなく、誰もがなり得るということ。

とても辛い状況にはなりますが、しっかりと休養を取り、生活習慣を良い方へと導き、適切な治療を受ければ、必ず回復するということを、まず知っていただきたいのです。

(さらに…)

地方公務員・教職員の病気休職からの復職について 難しい復職時期の判断


すっかり秋めいてまいりましたね。
時には肌寒い日もあったりと。
どうぞ皆様、ご体調には、くれぐれもご留意ください。
今回は、地方公務員、教職員に関する病気休職からの復職のことについて、ちょっと触れてみたいと思います。
(さらに…)

嬉しい出会い


皆さん、おはようございます。
今日の埼玉は冷え込んではいるものの、青い朝空がひろがっております。
埼玉教育サポートセンターでは、職場においてお悩みをお持ちの皆様方からのご相談に応じており、多くの皆様が元気に仕事へ復帰され、ご活躍をされております。
(さらに…)

精神疾患からの復職 教職員のリハビリ勤務について


仕事を続けていく中にあっては、誰しも体調を崩す可能性はあるものです。
その療養が長期にわたる場合、まず大切なのは、先々のことを悲観的に考えず、体調を回復させ、元気を取り戻すことに専念することでありましょう。
調子が良くないときには、ややもすれば悲観的な発想に陥りがちです。
何かを考えるのは、元気になり、エネルギーが戻ってからでいい!
そんな気持ちで、ぜひ臨んでいただきたいと思っております。
(さらに…)

教職員の病気休暇(病休)と休職について


誰しもが、元気に楽しく働きたいと願うものだと思います。
ただ、人生は長いし、働いている間には体調を崩すこともあるでしょう。
また、たとえば転勤などにより、周囲の環境が大きく変化した際には、不調になってしまうというケースも多々あります。
今回は、特にお問い合わせが多いことから、病気休暇(病休)と休職について、まずは基本的なことについて、まとめてみたいと思います。
(さらに…)

職員のメンタルヘルスに関する管理職の理解度 


病める時代。
と、表現したら言い過ぎかもしれませんが、働き盛りの人達が精神疾患にかかり、自分の力を発揮できない状況になるケースが多く見受けられます。
まず、しっかりと療養をし、適切な治療をすれば、必ず回復することを申し上げたいわけですが、よりスムーズに体調を戻すためには、職場の管理職がどう対応するか?が、実に大きな鍵を握っていると、私は考えております。
(さらに…)

埼玉県立久喜特別支援学校さんの人権教育職員研修会でお世話になりました


皆さん、おはようございます。
学校は夏休みに入っているところが多いかと思います。
良い思い出が出来ますように。
今回は、埼玉県立久喜特別支援学校さんの『人権教育職員研修会』にお招きいただきましたので、その報告と共に御礼を申し上げたいと思います。
(さらに…)

教職員 地方公務員の休職中や復職時のサポートについて

1e61fc42e64e3e4e7b07f362f6c4c561_s
健康を害し、長期の休職に入ることは、それだけで心に重荷を背負うことになります。
誰かに相談したくとも、同僚や家族にはちょっと相談しにくい・・・。
そういったケースが現実には多いと思います。

休んでいても安まらない。
そういった状況に苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃいます。
また、復職をする際には、ものすごいエネルギーを使うことも事実です。
(さらに…)