教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

講座の際に心がけていること

講座の際に心がけていること


おつかれさまです。
朝晩は特に冷え込んで、すっかり冬だー!という感じですね。
早いもので、2018年もあと10日ばかりを残す時期となりました。
今年も多くの講演でお世話になり、関わってくださった皆さんに、心からお礼を申し上げたいと思います。

講演、あるいは講座に携わるにあたり、私としては心がけていることがあります。
それは、「一緒に学ばせていただく」という気持ちをもって臨むことです。
「教える」というスタンスは取っていないし、取っていないというよりも、私には無理です。

聞いてくださる皆さんを、まずリスペクトする。
そこから入ります。

自分が聞いてくださる方々を敬わずして、誰が一生懸命聞いてくれるでしょうか。
また、どんな場所、どんな時にでも、あらゆるところに学びはあります。
そんな大切な機会を私は逃したくないのです。

たとえば、聞いてくださる対象が小学生であったとしても、私のスタンスは変わりません。
話をするのは私ですが、むしろ私が教わることの方が多いのです。

この姿勢は、これからも変えることはありません。
理想的には、限られた時間での出会いの中で、お互いに心のキャッチボールが出来る状態になることですね。

もっと精進して、少しでも前進できるようにしていきたいと思っております。

今日は、皆さんにとって、どんな一日だったでしょうか。
明日がステキな日でありますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »