教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

高校生の転入・編入と単位取得証明について

高校生の転入・編入と単位取得証明について


ダックス
高校生の転編入については、大切なテーマなので、このブログでもできるだけ多く取り上げていきたいと思います。
よくあるケースとしては、主に次の2つ。
1 保護者の転勤などにより、家族で引っ越しをする場合
2 学校になじめず、別の学校へ入り直す場合

まず、最初のケースについては、注意すべき点とすれば、新しく受け入れてくれる学校が決まるまでは、所属校の学籍を抜かないことです。
受入先が決まってから、手続きをしましょう。

次に、2番目のケースですが、こちらは個々の事情により、ある意味繊細なやり取りも必要となります。
場合によっては、受入を断られてしまうこともあります。

しかし、道はあるので、学校を移らなければならない理由を上手に説明する必要があります。
2番目のケースの場合では、既に以前の学校を中退していることも多いことでしょう。
それでも、別の高校へ通いなおすことは可能ですので、安心してください。

ただし、以前通っていた高校で、どれだけ単位を修得しているか?で、何学年に入れるかが決まってきますので、ご注意ください。
逆にいえば、単位をしっかり取ってあれば、一年生からやり直す必要はありません。

この場合には、「単位取得証明」を以前の学校から発行してもらう必要があります。
この証明書は、通学していた当時の先生がいなくなっていても、教務部の先生が作成してくれますので、心配ありません。

困難なことといえば、家族転居ではなく、特別な事情により学校をかわるときです。
この「事情」の説明の仕方が、非常にポイントとなるのです。

埼玉教育サポートセンターでは、ご相談いただいた方の状況をお伺いし、適切なアドバイスを行います。
何かお困りの際には、お気軽にお問い合わせください。

初回のお問い合わせに関しては無料です。
お話をうかがった上で、対処方針をご説明しますので、安心してご活用ください。

お問い合わせ用電話
0480-31-6812

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す