教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

自分を責めてしまう人へ

自分を責めてしまう人へ


ゆずの木と実
「自分はどうしてこんな性格なのだろう?」と悩む人も多いことと思います。
つい、くよくよしてしまう自分を卑下してしまう。

でも、それは決して悪いことではないと私は思っています。
そういう人は、きっと人を思いやることもできるもの。
天がくれた才と言ってもいいかもしれません。

闇があるから光が生まれる。
真実の光というものは、奥深い闇を知っている人にしか得られない。

悲しければ、そのままの自分を受け入れてください。
無理をすることはないのです。

きっと、自分では気づかないほどに、周囲から愛されているはずです。
反省したり、悔いたり。
それもまた、人間の味わいではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す