教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

時には音のない時間を

時には音のない時間を


雀
こんばんは。今日も冷える一日でしたね。
空気が乾燥すると、風邪もひきやすいのでご注意ください。

先日、「読書の効用」という記事を書きましたが、本を読むということは、心閑かにして落ち着かせる作用もあると思っています。
眼にも優しいし、余計な雑音を忘れることもできる。

私は、音楽が大好きですので、何か作業をするときにはお気に入りの曲を流していることが多いタイプです。
でも、ときには音を無にして、自然の囀りに身を委ねるようにしています。
風が樹木の間をとおりぬける音、雨音、子ども達の遊ぶ声。鳥の囀り。

現代を生きる私達は、洪水のような情報と音に囲まれて生きています。
あえて、携帯の電源を切ってみる、テレビを消してみるといったことをして、自然の声に耳を傾ける時間は、実に癒しを与えてくれます。
五感というものは、強い刺激の中にい続けると退化してしまうそうです。
この五感を自ら使うようにすると、きっと安らかな時間を過ごせると思いますよ。

明日も皆さんにとって、ステキな日でありますように。
依田でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す