教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

失敗は悪いことではない

失敗は悪いことではない


charenge
おはようございます。
依田です。

スポーツでも勉学でも仕事でも・・・。
誰しも失敗をしたことは、一度や二度はあることと思います。
その大小によりますが、少なからずへこみますよね。

でもきっと、その失敗が将来の武器になるケースも多いのではないでしょうか?

そもそも失敗というものは、何かにチャレンジするから起こるのであって、新しいものに挑んだということ。
目指すところが正しく、プロセスを踏み、結果が出なかったとしても、次へと活かすかけがえのない経験となります。
私が思うには、むしろ何もアクションをせず失敗を恐れているよりは、ずっと立派だし、人間らしいと。

ただ、民間企業(特に大企業)や官公庁の状況は・・・。
「失敗しないこと」を由とし、極端な表現を使えば、一番失敗しなかった人物が所長の椅子に座る。

これでは、大きな組織ほど息詰まるというものですよね。
皆が、安全かつセオリー通りの方法しか選択しなくなる。

失敗はネガティブ。でも、偉大なポジティブを生み出す魔法を秘めている。
そこから学び、立ち直り、もう一度走り出せる人間力。
そんなパワーをもった人こそ、本当はトップに立つべきではないでしょうか。

真面目で誠実な人ほど、失敗をしたときには反省をし、自分を責めます。
そういう状況にある人に、どんな声をかけ、再チャレンジの場を用意してあげるか?
このことこそが大切だ!と、私は思っています。

子育ても同じかもしれません。
失敗して、悪戯をして怒られて、子ども達は学び、成長していくのです。

私達、大人も失敗を恐れず、鳥のように飛びましょう。
皆さんにとって今日がステキな日でありますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す