教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

電話相談 役所との違いについて

電話相談 役所との違いについて


紅白梅
こんにちは。
もうすぐお昼ですね。ランチタイム♪
美味しくご飯を食べられるのは健康な証拠ですよね!

悩みがあったり、体調を崩すと、食事が思うように摂れなくなります。
また、空腹感はあるのに、「食事をする」という行為そのものが大儀に思えてくることもよくあること。

多くの場合は、心から話せる、相談できる相手がいないというケースです。
あるいは、「こんなことなら話さなければよかった」と後悔することさえ。

私は、そういったお悩みに、「仕事」として関わることにより、責任をもって寄り添う所存でおります。

公共団体、いわゆる役所も、子育てなどの電話相談窓口を設けていますし、これはとてもよい事業です。
しかし、どうしても枠を超えた対応ができないことも確かで、その部分をこのセンターは担おうと考えています。
ご自分にあった選択肢で、ご活用いただければと思います。

ここで、ごく簡単にですが、役所と当センターの違い、メリット、デメリットについて記述してみたいと思います。

(電話相談業務における役所との比較)
〇役所の特徴
・メリット
ほとんどの相談が無料である。
安心感がある。

・デメリット
公式の見解となるので、一般論となりがち。
受付時間が限られている。
人事異動等により担当者が代わってしまう。

〇当センターの特徴
・メリット
料金をいただいての対応なので、個々人のサイドに寄り添ったきめ細かいケアができる。
予約制であり、ご依頼者様のご都合にあわせて時間設定ができる。
問題解決まで、同じ担当者が寄り添う。

・デメリット
料金がかかる。
希望する担当者が空いている時間が少ない。

といったことかと考えています。

今後も、電話相談については、どのようなものか?を書いてまいりますが、次の2点を特に重要と考えていることをご紹介します。
1 ご依頼者様の個人情報、プライバシー保護の徹底!
2 ご依頼者様の状況、ご希望に応じたサポート(ご希望があれば、関係機関との連絡・調整もいたします。)

窓の外を見ると青空がひろがってきましたね。
午後もよい日でありますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す