教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

精神疾患の通院 薬剤治療とカウンセリング

精神疾患の通院 薬剤治療とカウンセリング


a0007_001600
こちら関東は、強い風が吹いています。
このところ週末の天気が安定しませんね。

今回は、参考までにということで、精神的な疲れやダメージを感じた際の治療、通院について、ちょっとだけ書いてみたいと思います。

はじめて症状を感じた方々の場合は、通院するまでの間にも、あれこれ悩まれることと思います。
人それぞれ症状は異なるし、対処法も変わってきますが、あまりに辛くなる前に専門医に診てもらうことも大切です。

あまり大事と考えず、行ってみれば安心できると思いますよ。
これまでも書いてきましたが、ご自分だけ、家族だけで抱え込むことは非常に大変です。

ここでは、通院する場合のお医者さんの選び方、その基本的なことをご紹介します。
まず、診断して薬を処方するもの。
もう一つはカウンセリングです。


ご自分にあったものを選ぶことが肝要ですが、薬剤治療もカウンセリングも両方やっている所はさほど多くないので、前もって電話で確認してみるとよいでしょう。
また、治療の内容や調合する薬の種類によっては、社会保険の適用外になるものもあるので、ご心配な場合は、前もって問い合わせておいてください。

特にカウンセリングの場合は、ほとんどが予約制ですし、足を運ぶ前に電話をしておくことがベストです。
一方、カウンセリングは行わず、診察と薬による治療をする病院等の場合は、当日でも診てくれる所もあります。

よく眠れて、ご飯を美味しく食べられるということは、かけがえのない幸せです。
そういった生活上の営みがうまくできなくなってきたら、それはとても辛い日々ですよね。
症状を重くする前に対処していくことが、ご自分にとって最もよいこと。

これを読んでくださっている方々が、健やかな日々を送れますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す