教職員の人事・服務に関するご相談、企業でのメンタルヘルス研修 埼玉教育サポートセンター

晴耕雨読 自然と寄り添って

晴耕雨読 自然と寄り添って


雪景色
こんにちは。ランチタイムですね。
早朝から各地で降雪となり、交通機関の乱れや足元などが心配です。
極力支障がないことを願っております。

晴耕雨読という言葉がありますが、自然、時の流れに逆らわず寄り添って生きるという意味もあるように思います。
また、勤勉さも感じますね。

自然に逆らって無理をすると、どこかに歪みが生じます。
何かしていないと落ち着かないし心配だということもあるとは思いますが、あえて身を委ねる勇気も必要かもしれません。

とはいえ、現実には、雨が降ろうと雪が降ろうと、やむにやまれぬ事情で、無理をしなくてはいけないシーンもあることでしょう。
そう、人生の中では、おそらく誰しも何度かは、無理をしてでも!という時があるのだと思います。
それを乗り越えたとき、さらに自信につながる。

踏ん張り時を見極める。
そして、それ以外、大抵のときは、自然に身を委ねて、穏やかに時を過ごすがいいですね。
これからまだ雪は続きそうです。皆さん、お気をつけて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す