講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

子ども、目標

加須げんきプラザさんでの講演などでお世話になりました

0101
このところ、冷える日が続きますね。
気温差で、体調を崩されている方々も多いと聞きます。
どうぞ、皆様、ご自愛ください。

さて、先週の土曜日、11月21日は、埼玉県立加須げんきプラザさんからご依頼をいただき、講演や個別相談で、たいへんお世話になりました。

加須げんきプラザの事業として実施している「チャレンジ宿泊体験」というもので、参加対象は、「学校への登校で悩んでいる小・中学生とその家族」というものです。

ご参加されたご家族それぞれに、ご事情があり、誠心誠意つとめさせていただきました。
(さらに…)

他と比較するのではなく、自らの振り返りを

秋
人間は、どうしても自らの境遇と他者とを比較しがちです。

それは、決して悪いことばかりではない。
たとえば、「自分もあの人のようになってみたい!」という、プラスのエネルギーと化すことも出来るからです。

しかし、大概の場合は、ジェラシーにも似た感情を抱いてしまうから、ここが厄介なところです。
(さらに…)

比べるなら過去の自分と ~ 成長を認識する

ひまわりと花々
人間、どうしても、周囲の人々と自らの身を比べてしまいがちです。
そのこと自体が、すべて悪いとは言いませんが、どうしても、卑下に通じたり、自信をなくすことに繋がりやすい・・・。

・あの人は、順調にいっているのに
・あの人は、素晴らしい才能に恵まれているのに

結果、自分の幸せに気づかなくなってしまうこともありますよね。

人と比べることで、良い意味で、奮起できればよいのでしょうが、すべての人々が、それほど強く生まれついたわけではありません。

ならば、過去の自分と比べてみる・・・。

・あの頃は、10メートルしか泳げなかったけど、今は25メートル泳げる!
・あの頃は、片手でしかピアノを弾けなかったけど、今は両手で弾ける!
・算数が50点しか取れなかったけど、今は75点が取れるようになった!

何も、他人の尺度、土俵で、自分が生きることはない・・・。

大切なのは、一歩の長さではなく、少しずつでも、前進していること。

10年前の自分と比べて、どうなったか?
1年前の自分と比べて、どうなれたか?
昨日の自分よりも、心に恥じない一日を送ったか?

それでいいのではないでしょうか。

その積み重ねこそが偉大だし、人が生きるということのように思えるのです。

小学校での講演報告

bara
このところ、バタバタと過ごしておりまして、ご無沙汰してしまいました。
皆様、お元気でしょうか。

今回は、講演関係の報告などをさせていただきたいと思います。

先週の土曜日、ふじみ野市立鶴ヶ丘小学校さんにお時間をいただき、5年生と6年生の皆さん、そしてご希望された保護者様へ、お話をさせていただきました。

決められた講演時間のあとは、個別のご質問がある保護者様に声をかけていただき、私としても、有り難い限りです。
ご熱心に質問してくださる保護者様は、本当に真摯に子供さんの成長を気にかけていらっしゃり、そのご熱意が伝わってきました。

小学生にも分かりやすい内容、話し方を心がけたつもりですが、私は対象が子供さんであっても、「共に学びたい」というスタンスで臨んでおります。
一方通行ではない場、時間にしたいからです。

何かひとつでも、子供さん達のこれから・・・に、ご参考になったことがあれば、光栄に思っております。

校長先生をはじめ、教職員の方々にも、よくしていただき、感謝、感謝です。
この場で、改めて、お礼申し上げたいと思います。

またいつか、お会いしましょう!

講演活動をしていて嬉しいのは、子供達と一緒に学べること。
これからも、地域のことを大切に、活動を続けてまいりたいと思います。

ありがとうございました。

比較するなら以前の自分と

可愛いチューリップ
学校での成績、進学・・・・。
あらゆる部分で、子供達は「他の誰か」と比較される。
認めたくはありませんが、事実だと思います。

そういった意識は、親の中にもある。

しかし、これはほとんど無意味ではないでしょうか。
クラスメートと比較したとしても、世界には何億という「他の人」がいるのですから。

他人と比較する習慣を身につけてしまうと、自分自身の成長を実感することが出来ません。

大切なのは、努力した結果が現れたとき、以前の自分よりも伸びた!
その部分を大切にしていただきたいのです。

人間、誰しも得手、不得手があります。
勉強は苦手でも、体育や音楽は得意だという子供達もいます。

いいところを見てあげて、得手を伸ばしてあげましょう。

一つの道を極めた職人さんが発する言葉は、実に含蓄のあるものです。
どんなものでもいい、得意な分野を探求し、伸ばす。
これこそ大切なことではないでしょうか。

他の誰かさんと自分を比較して、一喜一憂しても、成長には繋がらないし、何より・・・・虚しいではありませんか。

それよりも、自分はがんばったんだ!伸びたんだ!と、実感できるように、以前の自分を思い出してみること。
これこそが肝要だと思うのです。