講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

メンタルヘルス

精神疾患からの復職 教職員のリハビリ勤務について


仕事を続けていく中にあっては、誰しも体調を崩す可能性はあるものです。
その療養が長期にわたる場合、まず大切なのは、先々のことを悲観的に考えず、体調を回復させ、元気を取り戻すことに専念することでありましょう。
調子が良くないときには、ややもすれば悲観的な発想に陥りがちです。
何かを考えるのは、元気になり、エネルギーが戻ってからでいい!
そんな気持ちで、ぜひ臨んでいただきたいと思っております。
(さらに…)

教職員の病気休暇(病休)と休職について


誰しもが、元気に楽しく働きたいと願うものだと思います。
ただ、人生は長いし、働いている間には体調を崩すこともあるでしょう。
また、たとえば転勤などにより、周囲の環境が大きく変化した際には、不調になってしまうというケースも多々あります。
今回は、特にお問い合わせが多いことから、病気休暇(病休)と休職について、まずは基本的なことについて、まとめてみたいと思います。
(さらに…)

時にはスローダウンをして仕事をし、生きる


冷たい雨が降る日となりました。
皆さん、どうぞご体調にお気をつけください。
また、台風の影響により、各所でご不自由な思いをなさっている方々もいらっしゃるかと思います。
心からお見舞い申し上げます。
さて今回は、時にはちょっとスローダウンしてみようよ・・・というテーマで、一筆書いてみたいと思います。
(さらに…)

環境の変化と順応性


地域によって、夏休みの期間にも違いがありますが、多くの学校は明日から始業式でしょうか。
また、新しいはじまりですね。
過ごしてきた環境に変化が生じることは、人によって受けとめ方が異なるかとおもいます。
たとえば、転勤もその大きなひとつではないでしょうか。
(さらに…)

周囲に目を配ること 周囲を気にしないこと


仕事をするにあたって、先輩から「周囲の動きをよく見ておくように」と、アドバイスをもらったことはないでしょうか。
自分が担当する仕事のみではなく、今何が課題であり、どのような動きがあるのか?
これを把握しておくだけで、随分と仕事の仕方も変わってきますね。
一方、周りのことをあまり気にしないほうがいい場合もあります。
(さらに…)