講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

精神疾患からの復職 教職員のリハビリ勤務について

精神疾患からの復職 教職員のリハビリ勤務について



仕事を続けていく中にあっては、誰しも体調を崩す可能性はあるものです。
その療養が長期にわたる場合、まず大切なのは、先々のことを悲観的に考えず、体調を回復させ、元気を取り戻すことに専念することでありましょう。
調子が良くないときには、ややもすれば悲観的な発想に陥りがちです。
何かを考えるのは、元気になり、エネルギーが戻ってからでいい!
そんな気持ちで、ぜひ臨んでいただきたいと思っております。

さて、今回は、休職からの復職時、その中でも精神疾患によるケースについて、基本的なことをまとめてみたいと思います。

まず、病気休暇、休職に関する原則的なことは、前回まとめてございますので、よかったら、ご参照ください。

『教職員の病気休暇(病休)と休職について』

たとえば、うつ状態などの精神疾患で、お休みをされた場合、有給休暇である病気休暇からの復帰であれば、特段の難しい手続は必要といたしません。

今回触れたいのは、病気休暇の期間では回復がみられず、休職に入った場合のケースについてです。

地方自治体によって、運用に若干の差異がありますが、ほとんどの場合、精神疾患での休職から復職をしようとする場合には、事前に『リハビリ勤務』というものを実施することになります。

簡潔にいえば、スムーズに復職できるための『訓練』だと、考えていただければと思います。

ただ、精神疾患で休養中のご本人にとっては、このリハビリ勤務が、心の負担になっていることも事実です。

実務的な流れでは、リハビリ勤務を経て、都道府県の健康審査会にかけるということになります。
よって、時間軸でいうと、復職予定日よりも、かなり早い段階で、リハビリ勤務はスタートすることになります。

実際、リハビリ勤務を苦にされて悩まれる教職員の皆さんも多々いらっしゃいます。

埼玉教育サポートセンターでは、そういったご不安を解消し、スムーズに復職ができるよう、サポートをさせていただいております。

これまでも、多くの教職員の皆さんが、元気に復職を果たされております。

リハビリ勤務とは、実際どんなものなのか?
そのとき、どのような気持ちで臨めばよいか?
など、きめ細やかなサポートをさせていただきます。

おかげさまで、既にお元気に現場で活躍されている皆様から、今でもお便りをいただくことが、多々ございます。

一人でも多くのお悩みをもった方々のお役に立ちたい。
常に、その気持ちをもって、対応させていただきます。

復職、リハビリ勤務等で、お悩みの場合は、ご遠慮なく、埼玉教育サポートセンターまでお問い合わせください。

なお、お問い合わせにつきましては、下記の『お問い合わせフォーム』又はお電話にて、お願いをいたします。

『お問い合わせ』

☎0480-31-6812

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »