講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

職員のメンタルヘルスに関する管理職の理解度 

職員のメンタルヘルスに関する管理職の理解度 



病める時代。
と、表現したら言い過ぎかもしれませんが、働き盛りの人達が精神疾患にかかり、自分の力を発揮できない状況になるケースが多く見受けられます。
まず、しっかりと療養をし、適切な治療をすれば、必ず回復することを申し上げたいわけですが、よりスムーズに体調を戻すためには、職場の管理職がどう対応するか?が、実に大きな鍵を握っていると、私は考えております。

各地方自治体では、メンタルヘルス関連の研修を実施し、特に管理職に対しての意識啓発を促していますが、現実はといえば、その理解度に大きな差異が生じているかと思います。

ある意味、精神疾患にかかった職員にとってみれば、「そのとき、どの管理職に当たったか?」のような世界であり、もはや「運」の世界に・・・。

私は、いろいろな方々からご相談を受けておりますが、その状況をお伺いしていると、管理職の対応が、非常にまずいケースも少なくはありません。

とにかく強引に職場へ戻そうとするタイプ。
どうしたら職員が安心して復帰できるか?よりも、長く休ませてしまおうとするタイプ。
教科書どおりの対応をしようとするあまり?あまりに頻繁に職員へ電話などの連絡を入れるタイプ・・・など。

中には、メンタルを患っている職員に対して、パワーハラスメントまがいの発言をする事例もあります。

精神疾患にかかったときには、不安感はもちろん、ふとした言葉で大きく傷つくことが多々あります。
そんな状態の職員に、パワハラまがいの言葉を投げつける神経とは、いったいどうしたものでしょうか。

メンタルヘルスに関する研修は、前述したように多くの自治体で実施されています。
しかし、それをしっかりと理解できていない管理職もいるのではないか?
残念なことに、そう思わざるを得ません。

せっかく職場を共にするのです。
これはある意味、奇跡のような縁。

大切にしたいものです。
人を大切に出来ない人を管理職の地位につけるべきではない。
たとえ、その人が実務家として優れていたとしても。

私は、そう思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »