講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

読書で過ごす時間

読書で過ごす時間


皆様、こんにちは。
おつかれさまです。
つい先日、新年を迎えたと思いきや、もう1月も中旬へ差し掛かろうとしておりますね。
お元気でお過ごしでしょうか。
おかげさまで、埼玉教育サポートセンターも、個別のご相談、講演のご依頼と承り、こういったご縁は有り難いことと、実感しております。

さて今回は、ちょっとだけ読書の話を書いてみたいと思います。

昨今は、あらゆる世界がネット化されてきており、たとえば読み物でもパソコン、タブレット、スマートフォンで、かなりカバーできてしまいますね。
私は、そういったデジタル技術を否定するものではないし、効率の良い使い方をすれば助けになると思っております。

ただ、時には紙の本に親しみたいのも事実です。
あくまで、私の個人的な思い込みですが・・・。

正月という季節を私はあえて読書で過ごしてみました。
妙に心がやすまります。

あの紙をめくる呼吸、気配、その香りと。
いいものですね。

読書というものは、何も知識を得るためだけにするものではないと思います。
何冊読破した!とか、冊数を競うものでもない。

むかい合う。
そこに静かなる対話が生まれる。
いいものだと思います。

ちょっとずつ、一日に数分でも本と親しむことを私としては、ぜひお薦めしたいと思っております。
そのことで、とても良い心の安寧が得られるし、古今東西の人々と接することができるのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »