講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

じっとしているとき 動くとき

じっとしているとき 動くとき


3e7ed98c97a3212c39abccc1b5035ab8_s
潮にも満ち引きがあるように、人が生きている日々日常の中にも絶えず変化があるもののように思えます。
良いときもあれば、そうでないときもある。
順風満帆のときこそ身を慎めという教えもありますが、それも一理。
また、そうは言っても逆境のときとは、実際辛いものです。
そんなとき、私達はどうしたらいいのでしょうか?

何か行動を起こそうとしても、風が吹いていない時というものがあります。
あるいは、強い逆風が吹くこともあるでしょう。

そんなとき、ひとつの方法としては、焦る気持ちを抑え、じっと動かずにいる・・・ということも必要かと思います。

風が吹くまで待てる勇気と申しましょうか。

一方、風が起こった!と見たときには、鮮やかに動く器量というものも大切ですね。
脱兎の如く。

おそらく大切なのは、その風を読む眼力であり心眼なのだと思います。
ただ、疲れているときは、どうしてもそのパワーが減退しやすい。

そんなときには、エネルギーが湧いてくるまで待ってみましょう。
充電期間も必要です。

大切なのは、いつか必ず自分に風が吹く。
そのことを忘れない心を持ち続けることではないでしょうか。

たまには昼寝も必要です。
風が吹くまで待つことも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »