講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

無理にポジティブ思考を意識しなくても・・・

無理にポジティブ思考を意識しなくても・・・

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_m
気持ちがアクティブであるということはいいものですね。
行動力につながります。

ただ、現実の世の中を見ていると、ストレスを抱え、悩みの中にいる方々が多いのも事実だと思います。

書店には、いわゆるポジティブ思考ものの本が沢山置かれている状況もありますね。

たしかに、ポジティブ思考というのは大切なことだと、私も思いますが、本格的に体調を崩したり、落ち込んでしまったときには、ポジティブであろう!と務めることが、逆の結果を導き出しかねません。

自然体でいいのではないでしょうか。

人間、生きていれば、辛いこともあれば、苦難のときもあります。
それを我慢して、がんばって、知らぬ間に負荷がマックスに達し、体調不良に陥いる。

そんなときは、無理に自分をあげよう!と思ったり、自分なんてダメだ・・・と思わずに、これも良い経験と、思いっきり落ち込みを楽しんでみてはどうでしょうか。

ある瞬間には、世界は闇だと思えるかもしれません。
しかし、そんな時もあるさ!と、ただただ自然に身をゆだねてみる。

私なりに、とことん落ち込んでしまったときにお勧めしたいのは、極めて単純な動作、所作をすることです。
そのときには、頭を使わず、ただただシンプルに、単純に作業をする。

外へ出て、体を動かすのもいいでしょう。
新鮮な空気を吸い、汗を流す。

また、お掃除や片付けもお勧めしたいところです。
ちょーっとずつでいいのです。

身のまわりが綺麗になってくると、不思議なもので、気分も晴れてきます。

コツは、そういったシンプルな動作をする際に、何かの見返りを求めないこと。
ただただ、単純な動きをしてみる。

たとえば、机の上の書類を整理したり、トイレを掃除してみるのもいいでしょう。

身のまわりや部屋にため込んだものを一度ばっさり捨て去ってみる。
結構、心がすっきりして、楽になりますよ。

そうしているうちに、誰から言われるでもなく、心の有様は、上昇カーブを描くことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »