講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

久喜市立栗橋西小学校さんでの講演でお世話になりました

久喜市立栗橋西小学校さんでの講演でお世話になりました

a0960_003934_m
昨日あたりから、だいぶ冷え込んできましたね。
花粉症の季節でもありますし、皆さん、ご体調にお気を付けください。

さて、一昨日、10月31日(土)には、埼玉県久喜市立栗橋西小学校さんでの講演で、たいへんお世話になりました。
今回のテーマは、子どもとスマホ、インターネットに関することです。

ご参加くださった保護者の皆さんは、とても熱心に聞いてくださり、心から感謝申し上げる次第です。

土曜日ということもあり、お父さんもご参加くださり、とても有り難く思っております。

インターネット、ITの普及、進化と共に、私達の生活は、昔と比べて大きく変化しました。

もちろん、利便性を享受している部分も大きいわけです。

ただ、心配なことがあるとすれば、劇的なスマートフォンの普及。
それも、子ども達、若年層の所有率、使用率が、極めて高まっていることです。

スマートフォンは、電話機というよりも、むしろ電話も出来るパソコンである・・・と考えたほうが適切かと思います。

一番、気をつけたいことは、その小さなパソコンを、子ども達は、いつでも、どこでも、親の目の届かないところで利用できる時代になったということです。

スマホにまつわる少年犯罪や事件も、後を絶ちません。
これは、使い方を間違っているのだ・・・と言えば、それまでですが、いかんせん成長過程にある子ども達には、まだまだ自制する力や判断能力が備わっていません。

ついつい、便利で楽しい道具にはまってしまい、心身の健康を害してゆくのです。

これは、非常に強い中毒状態といってもいいでしょう。

こういった事態を避けるためにも、保護者の皆さんが、よくよくスマホについてご理解いただき、危険を知った上で、適切な指導をしていただくことが肝要だと考えます。

これからの日本における子ども達を取り巻く環境は、非常に危うい面をはらんでいると思われます。
ぜひ、まずは親御さんから、スマホの正しい使い方を知っていただき、お子さん達を見守っていただきたく、これからも各地へ出かけていきたいと思っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »