講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

怒と噴

怒と噴


tonbo
人間は、感情のある生き物です。

よく「喜怒哀楽」という言葉を耳にしますが、人として生きている限り、もしかしたら、この四つの感情から離れることは出来ないのかもしれません。

ただ、ものは考えようで、たとえば違う言葉に置き換えてみたら、自分の人生において、見える景色も、かなり変わってくるのではないでしょうか。

喜怒哀楽の中でも、最もパワーが強いのは、おそらく「怒」かと思います。

しかもこれは、超ド級のマイナス・エネルギーですね。

怒りというものを感じるな!というほうが無理かもしれません。

ただ、強い怒りの感情というものは、体内に毒素を生むとも古来から言われ、自身の健康にもよくない。

さらには、一時に膨大なパワーを生み出すものですから、周囲に与える負の影響も計り知れません。

さて、この怒を、あえて「噴」という文字、言葉に置き換える作業、訓練を日頃からしてみてはどうでしょうか?

噴とは、何かよくないことがあったとしても、それをバネにして、再び立ち上がろう!というプラスの意味を内包していると思うのです。

人間誰しも、怒に繋がる場面に遭遇することはあるし、人生においては、避けられないことかもしれません。

ならばこそ、怒ではなく、自らの体内で、それを噴に変える習慣、システムを構築しておくことが、とても大切なことだと思うのです。

そういった噴の気持ちを宿した人の周りには、自ずと人も集まり、天からも愛されることでしょう。

怒を噴に変える。
ぜひ、お試しあれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »