講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

病気休暇と休職 その間の過ごし方が大切

病気休暇と休職 その間の過ごし方が大切

薔薇

ここ数年来、ずっと言われ続けているのが、精神疾患で病気休暇や休職に入る先生方が多くいらっしゃること。

これは、教職員個々の問題として捉えている限り、今後も状況が改善される希望は少ないことでしょう。

根本的な部分から見直し、手立てを打っていかなければ、辛い思いをされる教職員の方々が増加するばかりです。

よくある例として、ここで取り上げたいのは、体調を崩しているから休暇あるいは休職に入っているのに、そのことで自分を責め、休むことが更に症状を悪化させてしまうという実例です。

そもそも、うつなどの精神疾患にかかる方々は、真面目で一生懸命なタイプが多く、自分が休んでいることで、同僚や上司に迷惑をかけている・・・と、不安傾向に拍車をかけてしまう。

まず、そういった考えは、真っ白にして、とにかく療養されることが一番です。

また、最も大切なのは、特に管理職がメンタルヘルスについて、よくよく勉強し、適切な対応がしっかり取れること。
同僚たる教職員へも、日頃から啓発活動や研修を行う必要もあるでしょう。

見た目だけで判断することは非常に危険です。
なぜなら、復帰、復職直後の人々であれば、一生懸命やらなくては!と、心を張り詰めているからです。

「何だ、思ったより元気じゃないか!」
・・・・という判断を気軽にしてしまうと、思わぬことで、せっかく治りかけた病を再発させてしまう場合も多くあります。

メンタルヘルス関係の研修は、各都道府県等で開催されているはずですが、地域によって温度差があるのも悲しいかな事実でありましょう。

なぜ、学校の教職員が多くうつに苦しんでいるのか?
この根本をしっかりと見つめ、ひとつずつ改善策を実行していかねばならない!と、強く思っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です