講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

比較するなら以前の自分と

比較するなら以前の自分と


可愛いチューリップ
学校での成績、進学・・・・。
あらゆる部分で、子供達は「他の誰か」と比較される。
認めたくはありませんが、事実だと思います。

そういった意識は、親の中にもある。

しかし、これはほとんど無意味ではないでしょうか。
クラスメートと比較したとしても、世界には何億という「他の人」がいるのですから。

他人と比較する習慣を身につけてしまうと、自分自身の成長を実感することが出来ません。

大切なのは、努力した結果が現れたとき、以前の自分よりも伸びた!
その部分を大切にしていただきたいのです。

人間、誰しも得手、不得手があります。
勉強は苦手でも、体育や音楽は得意だという子供達もいます。

いいところを見てあげて、得手を伸ばしてあげましょう。

一つの道を極めた職人さんが発する言葉は、実に含蓄のあるものです。
どんなものでもいい、得意な分野を探求し、伸ばす。
これこそ大切なことではないでしょうか。

他の誰かさんと自分を比較して、一喜一憂しても、成長には繋がらないし、何より・・・・虚しいではありませんか。

それよりも、自分はがんばったんだ!伸びたんだ!と、実感できるように、以前の自分を思い出してみること。
これこそが肝要だと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。