講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

力づくで人を服従させても 先は見えている

力づくで人を服従させても 先は見えている

桜
近年は、パワハラやセクハラをなくそうと、企業でも役所でも研修などを実施するところが増えています。

しかし、実態は?といえば、まだまだ一部には、上下関係について誤った認識をもち、力づくで部下や後輩を屈服させ、言うことをきかせるという体質が残っています。

実際、私も仕事人生の中で、そんな事例を見てきました。

力づくで人を従わせても、それは単に、怖れから従っているだけで、上司や先輩を敬い、「この人のために一生懸命やろう!」とか、「積極的にいい仕事をしよう!」という気持ちなどわいてくるはずもありません。

たちが悪いのは、そういうパワハラやセクハラを繰り返す人は、自分が間違ったことをしていることに気づいておらず、しかも人事など「自分にとってメリットになる」相手に対しては、至極腰が低く、おべっかを使う。

そんな人物を登用してしまっては、組織もいつかは内部から崩壊することでしょう。

人の上に立つ人に必要不可欠なのは、何でしょうか?
古くから言われることですが、「仁」と「徳」。

仁と徳をもった人ならば、黙っていても、人はついてくるものだし、組織も活性化され、仕事が楽しくなる。

人事をする者は、よくよく人の中身を見て、適材を適所に置くべき。
甘い言葉ですり寄ってくる人物には・・・・・要注意です。

心したい一事。
そうでなければ、不幸な人々を増やすばかりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です