講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

比べるなら過去の自分と

比べるなら過去の自分と

菜の花
学校での勉強あるいは進学。
社会人であれば、会社の地位など。

人はどうしても他の誰か・・・・と、自分の境遇を比較してしまいがちです。

しかし、本来「成長する」ということは、自分自身が伸びていくことであり、他の人々との比較は意味がない。

過去の自分よりも、今の自分は、人間的に成長している。
苦手だったことが、普通に出来るようになった。

素晴らしいことではありませんか。

大切なのは、一歩ずつでも、自らが前を向いて進んでいること。
過去の自分、昨日の自分。
それよりも、今日ちょっとでも良いことをしたならば、それこそ立派なことだと、私は思うのです。

そうすることで、自分を肯定できるようになり、より飛翔することが出来る。

夜、眠りにつく前に、今日一日を振り返り、「今日の自分はどうだったか?」、「自ら恥じることはなかったか?」と、思い起こしてみる習慣なども、とてもいいと思います。

他人との比較で生きている限り、幸福を感じることも少ない。
自分を少しずつでも磨くことで、自然と世の中のためになる人間に成長している。
そういうものでは、ないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です