講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

事上磨錬 学びとは・・・

事上磨錬 学びとは・・・

菜の花のある風景
「事上磨錬(じじょうまれん)」などと書くと、いきなり難しいな~ともなりそうですが・・・・。

簡単に説明すると、物事を知り、それを自分自身で考え、実行(行動)する中で、真実を知るというものだと言っていいでしょう。

最近、小学校さんで講演する機会も増えているのですが、お話のテーマに限らず、私はまず子供達に「学びとは?」ということを問いかけます。

人の話を聞いたり、読書をしたり、新聞を読んだり・・・・。
これは、「知識を得る」という段階です。

私は思うのです。
真の学びとは、知識を増やすことではなく、自分自身の頭で考えて、正しいことを実行する。
そこまでして、はじめて成就するものだと・・・・。

博学で、何でもよく知っている人も、世の中にはいます。
しかし、ただ知識が豊富なだけで、実生活、あるいは社会のために役立てることがなければ、それは無意味に近い。

情報が氾濫する現代においては、真贋を見極める能力を持ち、自分自身の眼と心で考え、正しきことを行う。
これこそが大切だし、こうして得た学問は、必ずや人生に生きてくることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です