講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

良い時 悪い時

良い時 悪い時


寒梅
物事が順調に進み、幸せの絶頂にあるとき・・・・。
そんなときこそ、我が身、心をひきしめる必要があるのではないかと、私は思っています。

逆に、悲しみの底に沈み、辛い時があったとしても、「今こそチャンス!」と捉え、修養の機会とする。

何でも上手くいっている時期というのは、無防備になり、未来の禍を招くこと多々あり、失意の最中という状況は、いつかは良くなる可能性を秘めています。

良い時、悪い時。
一喜一憂せずに、自分を律することが出来れば、必ずやよい明日が来る。
そんな風に思えるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。