講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

教師の生きがいとつらさ

教師の生きがいとつらさ


優しく白い花
教師、先生という職業は、実にやりがいのある仕事であることは間違いないことでしょう。
世の中を支える人を育て、その成長を近くで見守って行けるのですから。

ある民間企業が実施した調査でも、「仕事にやりがいを感じている」と答える比率は、民間企業の人々よりも教師のほうが高い数値を示しているそうです。

成果が上がれば、もっと頑張ろう!という気持ちにもなり充実した日々を過ごすことも出来ます。

しかしながら、この生きがいを強く感じられるがゆえに、上手くいかなくなったとき、気持ちが反転し、非常なつらさを抱くことに繋がるケースも多いと聞きます。

たとえば、子供達が反抗しキレる。
保護者も自己主張を容赦なくしてきて、クレームを言ってくるし、先生に対するリスペクトの欠片もない。
管理職から適切な評価をもらえない・・・など。

真面目に一生懸命やって来た先生ほど、生きがいとつらさの反転の幅が大きいとも言えそうです。

先生が、うつなどに直面する背景、原因には、様々な要素が重なり、心身共に疲弊してしまうということがあります。
その際、職員室の同僚と、「つらさ、悩み」を皆で語り合う風潮があればよいのですが、現実には、なかなかそういった職場は多くありません。

学校という現場は、実は大人同士の相談がしにくい環境であると思うのです。

要するに、心が負のサイクルに陥ると、自分一人で悩みを抱え、真面目な先生ほど、それを我慢し、「こんな自分じゃダメだ!もっと頑張らなくては!」と、自らを追い込んでいく・・・。

これは、学校という組織体の特色と言えるかもしれません。
校長、教頭という管理職はいるものの、教室へ入れば、誰もが皆一人です。

企業や役所のような、段階的な職位がなく、いわゆるスタッフ職化していることも、孤独に導く一つの要因となってはいないでしょうか?

時代は変わり、いまや学校へ向けられる社会の視線は厳しいものがあります。
それを一人で背負うことは、実に危険なことです。

まず、手をつけたいのは、職員室の雰囲気づくりですね。
「忙しい、忙しい」と、常に走り回っているだけではなく、みんなで静かに話し合い、痛み、悩みを共有する空気をつくること。

そう考えてくると、今の学校における職階においては、管理職に係る期待、責任が、非情に大きいと言っていいでしょう。
せっかく教師という素晴らしい職業に就いたのですから、もし上手くいかない一時期があったとしても、いつか必ず報われる・・・ということを信じてほしい。

体調を崩したら、休養を取ればいい。
先生は本来真面目ですから、だいたいの方々は、こう言います。
「迷惑をかけている」

迷惑は、かけていいんです。
お互い様なのですから。

誰もが不調になる可能性をもっています。
いつか自分が元気になったなら、そのとき、辛さを経験した先生にしか出来ないサポートがあるはず。

そのとき、同僚とあたたかく接し、力になってあげれば、迷惑なんてお互い様ということに気づくことでしょう。

うつなどの病気は、休養を取り、適切な治療を受ければ、必ず治ります。
一人でも多くの先生が、安心して仕事に専念できるために。
まずは、職員室の雰囲気から変えてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメント

  • 和田 より:

    初めまして
    現代の小学、中学校の教員の方特に若い先生方はあまりにも自を出しすぎです、新任とかまた、年数がたってないとかで言い訳をされる、まわりも、仕方ない、で済ませてるので生徒、保護者の対応ができなくなり問題が多くみられます
    正直、甘い考えがあるんですね、
    教員になったのであれば、年数関係なく教育のプロなんですからもっとしっかりしてもらいたいものです
    若手の教員がそだたないのは、ベテランの教員の指導が何か足りないんでしょうね、
    今の世の中、教員の世界もなんだかんだ言っても出世をして校長で終わりたい方々ばかり。そんな方が多い中で若手教員が育つわけないですね。なかには、立派なベテランの教員もおられますが少ないでしょう。
    これからの子供を育てるのはこれからの若手の教員。出世ばかり考えないですこしは若手教員にも力を貸してあげて下さい。
    子供は国の宝です。

  • YodaToru より:

    和田様
    コメント、ありがとうございます。

    まず、子供は宝。
    まったく仰るとおりですね。

    そして、和田様が仰るとおり、ベテランの教師もいれば若手もいる。

    若手教師を育てていくことが、子供達のために将来役立って行くと、私も信じています。

    当センターでは、そういったことも含めて、学校さんでの講演やご相談にも応じております。

    まだ、小さな活動ですが、何とか学校をよりよくしたい!
    そんな気持ちで、取組んでおります。

    ぜひ、今後とも、和田様のご意見をお聞かせください。

    どうぞ、よろしくお願いいたします。

    感謝。

  • 和田 より:

    突然のメールで失礼致しました
    また、お返事を頂き恐縮しております
    私は子供三人を通して、学校、各家庭、地域の方々と接し、とても勉強になり、微力ながらその時の経験で得た知恵を、若手の教職員の方の相談時に役にたてたかはわかりませんが、活用いたしておりました
    そのせいなのか、貴殿のプログに目を引かれ、ついメールしてしまいました
    しかし、以前より私が思っていた課題そのものでありましたので、生意気な文となりましたが、これからもプログを拝見させて頂きます
    是非、子供たちの為に頑張って下さい。

  • YodaToru より:

    和田 様

    コメント、有り難く拝見しております。
    学校、家庭、地域。
    大切な3本柱だと思っています。

    今は、その3者の役割が、ちょっと上手く行っていない部分があるかもしれませんね。

    そういった意味でも、実体験を元に、先生方にお伝えいただくことは、とても素晴らしいことだと思います。

    ぜひ、これからもご活躍を。

    追伸
    ブログをお読みくださり、本当にありがとうございます。
    今後とも、よろしくお願いします。
    ご意見等、ぜひお聞かせいただければ幸いです。

    代表 依田

  • 和田 より:

    こんにちわ
    確かに三者のトライアングルの繋がりがバラつき、一つの課題につても、詰め切れない事が多々ありました
    しかし、根気よく活動していく事が大切ですね。
    私はこの三者の繋がりをPTAの統括者の役目と思い、12年間行って来ました。
    幼稚園、小学校、中学校、高校。それぞれ子供の成長と共に、色んな事がありました。
    しかし、その中で最も問題のあった時期はやはり、中学の役のとでありました。
    思春期でもある中学生活では本当に困難な事がありました。しかしその時、地域の方々のお力を頂き、学校生活が円滑になり、本当に地域、保護者、教員の方々に感謝致しました。そのおかげでたまたま、その年は実践研修があり県教育委員会より県内中学校3校の一校として指定をうけ研修に取り組み、地域との連携、をテーマに、この問題を解決するまでの一連をまとめが発表致しました。
    高い評価をうけ、文部大臣賞(表彰式は東京ホテルニューオオタニ)を頂きました。
    保護者も色んな方おられます
    でも、逃げてては解決しません。
    完璧に問題を解決することはできません。でも、現状より少しでもよくなって行くと信じ、一人の考えではなく、幾人かの方の知恵を頂き、チャレンジする気持ちが大切だと思います。
    意思も性格も固まっている保護者に今さら、意見を言ってもなかなか受け入れてくれません。
    であれば、保護者ではなく、一人一人の大人の立場として、子供の事を思い、取り組んでいく気持ちが大切だと思います。
    先生方もいつも先生と言う立場からものを見ないで、一人の大人として物事を見ることも必要だとおもいますし、さう感じました。
    本当にもっともっと、子供達を思う大人目線が必要な時代だと感じます。

  • YodaToru より:

    和田様

    コメント、ありがとうございます。
    長年のご尽力、ご苦労もあったとは思いますが、素晴らしいですね。

    私、依田も、PTA活動文部科学大臣表彰の選考委員(埼玉県)を務めた年があり、様々な学校さんの取組を拝見してきました。

    華やかな事業をされているところもありますが、それには財力の差が出るので、私は、別の視点から意見を述べさせていただきました。

    ぜひとも、和田様の取組も拝見したかったと。

    学校、家庭、地域が繋がる方法は、アイディアを出せば、必ずや沢山の形が出てくると思います。

    今後とも、教育発展のため、お力をお貸しください。

    追伸
    明日は、千葉県内のPTA代表者さんからご依頼をいただき、打合せに行ってまいります。

  • 和田 より:

    お返事、ありがとうございます
    PTAの役は現在行っておりませんが、現役の会長さんより、相談を受ける時もあります(PTA運営委員会の進め方等.保護者と学校間のトラブル)
    少しでも経験が役にたてばと思いアドバイスはたまにしております。

    依田様もご苦労がおありかと思いますが、頑張って下さい
    明日の千葉行き、お気をつけて行かれて下さい

    では、失礼致します
    和田

  • YodaToru より:

    和田様

    おはようございます。

    ご丁寧なるお言葉、ありがとうございます。

    一歩ずつでも、教育への理解が深まり、協働できるような社会にしていければいいですね。

    今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  • 和田 より:

    お疲れ様です。
    全く同感であります。
    子供達が一番長い時間をすごしているのが教育の場だと思います。
    そこに職員の方々が常に子供達を見てくれてます。
    しかし、職員の方で解決出来ない問題も多々あるど思います。いろんな規則に縛れてるなかで、教育。本当はこう対処出来ればいいのに、教育委員会の方針で職員としての立場では出来ない、など、様々な問題があると思います。
    であれば、そこはやはり保護者の代表である会長が学校側と密に連携し、職員の方はできなくても保護者の一員ととしては可能な対処方法もあると思います。
    ですのでこれからは、外野的保護者でありますが、何かの役にたてることがありましたら、協力はして行く気持ちであります。もちろん地元だけではなく、出会いの場で今後そのような話題など会った時も助言して行きます。
    お節介な方と思われても構わないと思います。その時の流れに沿って歩んでいきます。
    では、これより客先にはいります。では今日の残された時間、頑張って下さい。
    失礼します。

  • YodaToru より:

    和田様

    貴重なご意見、本当にありがとうございます。
    仰るとおりかと思います。

    教職員は、いろいろな制約や決り事がありますので、おのずと活動にも影響してまいります。

    保護者の方々からの援助が、とても力になると考えます。

    これからも、どうぞご活躍を!

    心強いお言葉をいただき、感謝申し上げます。

  • 和田 より:

    こんにちわ
    今日ここ、静岡はとても良い天気です、
    今夜は、現PTA役員さんと夕食をご一緒します
    どんな話題が出るのかわかりませんが、恐らく来年度の役員選考にあたっての相談だとおもいますが、誘って頂く事も一つの財産と感じておりま
    す。

  • YodaToru より:

    和田様

    今日は、こちらもとってもいいお天気です。
    静岡は、いい所ですよね~。
    大好きです。

    ドライブが好きなので、時々おじゃましております。

    役員さん達との会合、実りあるものになることでしょう。
    和田様のご意見が必ずや有意義なものになると思います。

    いってらしゃい!
    いつも、ありがとうございます。

  • 和田 より:

    こんにたわ
    今日も良い天気です。

    昨日は祝日とあって、静岡は観光客の方々が多く訪れておられ、道もこんでおりました

    昨夜、現役員さんとの話はやはり役員さん選考の件でありました
    毎年この時期になると、すでに役員さんは内定しているのですが、再度確認もあったようです
    役員選考の話の他にも学校の事について話題が出ました
    いろんな事ありますね、
    私の経験でのアドバイスは致しました。
    その際新年度春のPTA講演会講師の依頼もうけ、早速昨夜から資料作りに取り組んでおります
    今回は、小学校ですので、テーマは「幼稚園教育と小学校(初等教育)教育で違いの保護者の協力」と致しました。
    何分、素人ですのでいまから幾分緊張しております
    まだ先のことですが。。

    ともあれ、しっかりと準備をしたいと思います。

  • YodaToru より:

    和田様

    こんにちは。
    昨日の打合せ会、お疲れ様でした。

    役員の人選も、いろいろご苦労が多いことでしょう。

    講演、必ずや素晴らしいものになると思っております。
    ぜひ、実施された手応えなど、教えていただければ幸いです。

    春が近づいてきましたね。
    また、新たな芽吹きの季節。

    和田様も、どうぞご自愛ください。
    いつも、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。