講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

異なる意見があっていい

異なる意見があっていい


花々
何かを手がけようとするとき、何らかの事態に対応するとき・・・・。
話し合い、あるいは会議などが行われますが、人それぞれ異なる意見があっていい・・・・と、私は思っています。

何の疑問も持たずに、満場一致のほうが不健康ではないでしょうか。

さらに、自由に意見を言える空気というものが、組織体においては、非常に大切です。

ここで注意したいのは、取りまとめ役のスタンスです。

自分の意見と異なる提案がなされたときでも、一応は、じっくり聞くべき。
「そんなのは論外だ!ダメだ!」と、すぐさま否定すれば、ダメ出しをされた人は、「どうせ言っても無駄だ・・・」と、もの言わぬ人になっていくことでしょう。

ひとまずは、しっかり、静かに人の意見を聞く。
自由、活発な議論が出来る環境をつくる。

これが、非常に大切なことだと思うのです。

100%意見が一致・・・こういった状況は、物事によっては、むしろ危険をはらんでいます。

大切なのは、それぞれのメンバーが、自分の思うところを遠慮なく声に出来る環境であることではないでしょうか。

そういった組織であれば、健全性も保たれ、きっと将来も明るいものとなることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。