講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

今、教師に何が起こっているのか?

今、教師に何が起こっているのか?

春と桜
先日のこと。
「保護者向けの講演テーマでお勧めをいくつか教えてほしい」とのご要望をいただき、何項目かのご提案をしたのですが、その中にあえて、こんなテーマを入れておきました。

「今、教師に何が起こっているのか?」

学校教育を取り巻く環境の変化、教師が担う役割、事務量の増加・・・・。
さらには、保護者や子供との接し方に悩む教師達。

全国的にも、多くの先生方が、うつなどの精神疾患にかかり、長期休職を余儀なくされ、退職を選択するケースも少なくありません。

この現実を学校の管理職や教育委員会だけで収めるのではなく、保護者の皆さんに知ってもらうことが、結果的に子供達の教育環境を良くするものだ・・・と、考えているからです。

学校、家庭、地域が連携し、子供達の健全な成長に寄与していく。
このことに反対する人々は、まずいないことでしょう。

しかし、実際には、この3者の間で、良い関係性が築けているか?は、甚だ疑問です。
お互いが歩み寄り、それぞれの役割を果たしつつ、結果としてよりよい教育が出来る環境をつくる。
そうあるべきだと思うのです。

そのためには、教職員が直面している課題、危機について、保護者も理解を深めることが大切である。
そんな思いから、あえて研修テーマに入れた次第です。

理想の姿になるには、長い歳月がかかるかもしれません。
しかし、小さな一歩でもいいから、どこかでスタートさせなければ、何も変わりません。

すべては、子供達のためであり、明るい未来のためである・・・・と、私は考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です