講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

仕事は楽しくやった方がいい

仕事は楽しくやった方がいい


カフェ
私は以前、県庁時代にこんなことを言われたことがあります。
相手は、財政課の主幹・・・。

毎日のように議論し、説明を繰り返す中で、あちら様が言った言葉です。

「あなたは命がけで仕事をしているんですか!私の声は知事の声です!」と・・・・。
要するに、つべこべ言わずに自分の言うとおりにしろということですね。

正直に言えば、「命をかけている」とは表現できずとも、それに似たような感覚ではおりました。
しかし、私が言葉にしたのは、「命なんて、かけられるはずがないじゃ~ありませんか」。

以来、財政課の主幹が、私に対して急に下手に出て来るようになるのですが、人間の愚かさを見た気がして仕方ありません。
強く出る相手には弱い。

仕事なんて、楽しくやればいいんですよ。

私は、仕事をする上での理想形は、「遊ぶようにやること」だと確信しています。

遊び心は、余裕でもあり、斬新なアイディアを生み出すためには、これが実に大切なのです。
日々のルーティンで忙殺され、仕事を「苦」に思うようになっては、建設的な発想は出てきません。

あえて言えば、重要な判断を下す立場の人こそ、頭の中に隙間をつくって、ニュートラルな部分を持っておいたほうがいい。
そうでなければ、つまらない人物ばかりになり、役所でも会社でも大きく伸びることはないでしょう。

楽しい!と思えることこそが、実は最も仕事に対しても有益なものを与え得るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。