講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

自分の行動を遮るもの

自分の行動を遮るもの

白い壁
信念とか、気づきとか・・・・。
「自分はこうすべきだ!」と、心に期す人々は多いことでしょう。

しかし、実際に行動へ移す人は、ごく僅か。

すべきと考えているのに、躊躇させるものは何でしょうか?

社会の制度?
財力?

行動できない理由をあげていけば、いくらでも書き上げられることでしょう。

善と知りながら、こうすべき!と思いながらも、行動へと移せない最大の障壁は・・・・・
「自分自身の心」だと、私は思っています。

前例にないこと。
斬新な発想。
日常を変化させること。

これらを人は、避けようと防御意識が働きます。

要するに・・・・
「こんなことをしたら、世間はどう言うだろうか?」
「友達は?家族は?反対するだろうな・・・・」

と、自分の判断よりも、「他からどう見られるか?」を優先して、思考を繰り返しているのです。

自らを自由に開放する方法。
それは、他人からの評価を心の外へ置くこと。

他人からの評判なんて、視野にあらず。
そんな生き方が出来たとき、果たして自由を得た!と、言えるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です