講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

人と人との組合せ ~人を活かせる才能~

人と人との組合せ ~人を活かせる才能~


綺麗な花
際立った才能を持つ人がいたとして、その力を存分に発揮させ生かすのは、人材を用いる立場にある人の器量だと言っていいでしょう。

会社や役所でいえば上司ですね。

才能があり、モチベーションも高い有能な人物には、若いからとか言わず、大切な仕事を任せることで、水を得た魚のように活躍することでしょう。

逆に、その才能を見抜けず、閑職を与えたならば、人は枯れていってしまいます。

いかに、人と人との組合せが大切か!ということを、いつも思います。

人間は、それぞれ特性があって、細々とした実務が得意な人もいれば、大局を見て高所から判断を下すことを得手とするタイプもいます。

極端な言い方をすれば、担当者なら務まるが管理職には向かない人。
トップにいれば抜群の能力を発揮するが、実務には向かない人。
これは、現実にあることだと思います。

どちらがいいとか優れている・・・ということは問題の外。
自分の得手を活かせばいい。

それを実現させるのが、人と人との組合せ。
人間の才能を見抜ける能力を持った存在というのは、得難いものではありますが、組織を健全に育て、成長させるには必須のもの。

そんな人になれるように、若いうちから良き交わりを持っておくことが肝要でありましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です