講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

栄達への野心を捨てた才能 播磨灘物語より

栄達への野心を捨てた才能 播磨灘物語より


梅の花
黒田官兵衛(如水)といえば、吉川英治さんや司馬遼太郎さんなど、多くの作家が主人公として小説を描くなど、膨大な関連書物があります。

昨年、大河ドラマで取り上げられたことで、「官兵衛は、こういう人だったんだ」と、身近に感じられた方々も多いことでしょう。

躰が不自由になるほど過酷な幽閉生活。
どれだけの精神力があったことか!と、畏敬の念を抱きます。

今の刑務所ならば、刑期が決まっていますが、官兵衛の場合は、いつ出られるのか?分からない。
今日にも殺されるかもしれない・・・・。
という状況の中で、日々、その瞬間を生きていたわけですから。

司馬遼太郎さんが官兵衛を主人公にした小説は、「播磨灘物語」です。
その中の一節に、官兵衛が思う竹中半兵衛について回想する部分があり、とても心に残っているので、ご紹介してみます。

「竹中半兵衛の才能は、栄達への野心を捨てたところに息づいていた。錯綜した敵味方の物理的状況や心理状況を考えつづけて、ついに一点の結論を見出すには、水のように澄明な心事をつねに持っていなければいけない、と官兵衛はつねに考えている」

半兵衛という人物の核心を見抜ける官兵衛も、また人物でありましょう。

野心を捨てる。
水のように澄明な心事をもつ。

これこそが、物事の真理を見極め、正しい行動を起こす根本だと・・・・。

今の時代を眺めてみればどうでしょう?
何をすべきか?何をしたいか?
最初はきっと、皆、そんな志を持っていたはずです。

しかし、社会を生きる中で、いつしか根本を見失い栄達、出世が目標にすり替わってしまう。
そういう人が多数ではないでしょうか。

その他大勢に、なりたくないならば、常に初心を忘れず、志を捨てず、澄んだ心でい続けること。
それが、よくよく大切だ!と、実感します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。