講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

教職員人事は、今が大切なとき

教職員人事は、今が大切なとき

春の花
つい先日、新年を迎えたと思いきや、学校関係は行事も目白押しで、あっという間に年度末ですね。

今回は、教職員の人事異動に関することを、参考までに書いてみたいと思います。

都道府県によって、人事事務の進め方は、若干の違いがありますが、ほぼ次のような流れで進んでいきます。

〇秋口(10月頃)に、人事異動調書を配布⇒回収
〇提出された人事異動調書や所属長からのヒアリングを元に、年末くらいから人事担当者が異動案の作成を行います。
〇年が明け(今この時ですね)、人事担当者は、組み立てた人事案を調整しつつ、上司への説明をしたり、指示を受け、固めていく作業に入ります。

教職員の場合は、一般的に行政職員よりも、約1ヶ月ほど人事事務が早く進んでいると考えてもいいでしょう。

人事とは人の事ですし、突発事項もつきもの。
3月下旬に急遽変更ということもありますが、それはごく稀なケースで、2月に入れば、ほぼ固まっていると考えてよいと思います。

となると・・・・・
今が一番大切な時期」であり、このタイミングを逃すと、何か自分に特別な事情が生じている場合、考慮してもらうことが、どんどん難しくなっていきます。

人事とは、本人にとっては一大事ですが、人事担当者にとっては、数千人あるいは万を超える数をこなしています。
何か、特別な事情がある・・・・あるいは生じた場合には、しっかり伝えることが必須です。

ただ、現場の校長先生も一部を除けば、そのへんの機微を熟知している人は少ないのも現状。

今後、教職員の皆さんに何かがあった場合、私共としても全力を尽くしますが、今の時期になると、なるべく早くご相談いただいたほうが、よい結果をお出し出来る可能性が高くなります。

今春の人事で、お悩みの方、何か特別な事情を抱えていらっしゃる方々におかれましては、この時期を逃さず、ぜひ早めのご連絡をお願いします。

埼玉教育サポートセンターは、実際に、「極めて困難」と言われた案件をご依頼者様のご希望に沿った形で成就させている実績があります。
安心してご相談いただきたいと同時に、重ねて申し上げますが、今この時期が大切なので、お迷いになっているならば、早めのご連絡をお願いいたします。

ご連絡については・・・・
お電話:0480-31-6812
又はメール saitama@kyouiku-support.com
まで、お願いいたします。

皆さんに、ハッピーな春が訪れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です