講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

人生短くとも春夏秋冬あり

人生短くとも春夏秋冬あり

もみじ 紅葉
毎年、12月8日が巡ってくると、ある人のことを思い出します。
ジョン・レノン。

中学生になった頃から、私はビートルズのナンバーを聴きはじめ、もちろんジョンも大好きでした。
1980年の今日、突然の悲報に接したときには、悲しみを通り越え、ただただ、彼が残した作品の数々を聴き続けていたことが思い出されます。

とある先人が、こんなことを言っています。
「人間の人生というのは不思議なものである。たとえ少年の身で死んだとしても、その中に春夏秋冬がある」

人が生きること、生きた証は、歳月の長短だけではない・・・ということでしょう。

詩であるならば、起承転結。

よくよく考えさせられる言葉です。
こんな意気を見せられると、私、自分自身の至らなさを思い、我が身を恥じるばかり。

でも、それも人生。
人それぞれに四季がある。
せっかく授かった生。
存分にその風景を堪能したいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です