講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

人に任せるということ

人に任せるということ

洋風な風景
長年、親しくさせていただいている先輩が、「人任せ」についての意見を語ってくれた。

一見、無責任のようだが、人に任せられるというのは、人間としての度量であるとも言えることでしょう。

しかし、注意したいことがあります。
これも、先輩と同意見でしたが、「誰に任せるか?」が、まっことに重要。

任せる相手を間違えたとき、下手をすれば大きな被害、事故に遭遇してしまいます。

要するに、「こんなときはあの人!」という正しいチョイスが出来ているか?ということ。

こんなことを考えているうち、何故か、「項羽と劉邦」のことを思い出しました。
項羽のほうが、個人の能力において、遥かに秀でていた。
しかし、劉邦の元には、自分より有能な人材が多々参集した。

どちらが、最終的に目的を果たしたか?は、ご推察のとおり。

人に任せるということは、即ち、日頃からよくよく周囲の人々を見ておけるか!にかかっていると言っていいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です