講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

詩情愛すべし

詩情愛すべし

もみじ
情感ばかりを重んじる生き方は、えてして道を誤る場合が多い。
十分に気を付けるべきではあります。

場面によっては、理、知も必要だということ。

しかし、詩情を持たない人生とは、実に味気ない。

思えば、人の一生は、大小の違いはあれ、一遍の詩になぞらえることができるのではないでしょうか。

せっかくならば、面白い詩を描いてみたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です