講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

議論で論破するは負けのはじまり

議論で論破するは負けのはじまり

時の鐘
活発な議論が行われる環境とは、もちろん良いものです。
積極的に意見が言える風土があるということですから。

しかし、議論に夢中になるあまり、本来の目的を見失い、相手を論破することに没頭してしまうタイプもありますね。

これは、愚の骨頂。

書生ならともかく、大人の世界で、完膚なきままに、相手を論破し、敗北感を与えることは、怨みこそ生まれども、建設的なことは、何一つありません。

相手の逃げ場を残してあげることが重要です。
それが、実務というものではないでしょうか。

目的は、納得してもらい、より好ましい状態へと導くこと。
決して、相手を倒すことではありません。

逃げ場もなく、救いの道もないまでに、議論で追い詰められた人は、怨みこそ持てど、納得などすることはありません。

どこかに逃げ場を用意してあげること・・・・。
これが、物事を成就させるための秘訣なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です