講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

教職員を心の病から救うには

教職員を心の病から救うには

優しい色の花
教職員の方々が精神疾患にかかる数が多いということは、文科省などの統計でも言われ続けていることですが、特に初めてうつ状態などの精神疾患になった場合には、「どうして?もうだめだ」と、どん底に突き落とされたような不安との格闘が続きます。

「もう辞めるしかない」と考える人は珍しくないし、症状が重くなると自殺願望が起こるケースも多々あります。

繰り返しますが、初めてうつ症状等になった場合には、特に注意が必要です。
なぜなら、治癒した経験を知らないからです。

「必ず治りますよ。重要な判断は元気になってからにしましょうね」と、声をかけても、本人とすれば絶望感に苛まれ続けている。

精神疾患に教職員がなりやすい理由は、いろいろな要素を上げることができますが、軽度で済み、元気に職場復帰できることもあれば、逆に休むことで、むしろ疾患を重くしてしまう場合があります。

こういったときに、非常に重要なのは所属長たる校長の存在です。

適切な対応を取ったか否かにより、教職員の明暗が分かれると言ってもいいでしょう。

学校、組織のトップとして、ぜひ留意してほしいことは多々ありますが、その中から、特に重要と考えるもの、場面を書いてみます。

〇日頃から、部下教職員の様子を見ているか?
〇心を患ってしまった教職員に適切な対応を取っているか?
〇復職するために、あるいは復職した後のことを考えて、ベストな道筋を描いているか?

精神疾患にかかった教職員を救うも潰すも、校長の手腕、人格にかかっているとさえ言えます。
そういったことを実経験として持っていればベストですし、そうでなくとも、研修を受けたり、事例を学ぶなどし、いざというときに備えておくべき。

私は、心底思っています。
心の病を経験した教職員、先生こそ、管理職となり、環境のよい学校づくりに携わるべきだと。

多くの教職員の方々が、深い悩みの中で苦しんでいます。
一人でも多くの皆さんの手助けをしたい!
その気持ちだけは忘れずに、この仕事を続けていこう!
私は、そう思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です