講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

自らのものを分け与えなければ

自らのものを分け与えなければ


グラスと花瓶
自分に都合がいいことを人任せ。
自分に必用なものは人から得る。

これだけでは駄目。

自分が得たもの、持つものを人に開放し、分け与えなければ、良い関係なんて築けません。
時には、自分が空っぽになるくらいに、惜しみなく与える。

そうでなければ、人との良好な関係は成り立ちません。

そうすることで、相手もこれまで以上に何かを運んで来てくれることでしょう。

短い視点、目先だけを見れば、自分が損をしたと感じるかもしれない。
しかし、気持ちを込めて誰かに送ったものは、必ずやもっと良い形で自分に戻ってくる。

時にそれが、かけがえのない救いの船だったりもするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す