講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

臆病者でもいい

臆病者でもいい


a0960_003059
臆病とは、よくない意味に取られるほうが多いことでしょう。

しかし、物事を怖れるというのは、即ち知恵がついたからに他なりません。
格好よく言えば、危機探知能力。

人間は、とかく弱みを見せたくないもの。
いきがる、強がる、虚勢をはる・・・。

そう考えてみると、自分の臆病を受け止められるっていうのは、実に大したものではありませんか。

人間が練れてきた!とも言えそうです。

そういった自分を受け入れた上で、腹を決めたとき、それこそ本物の強者ではないか?とも思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。