講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

謙遜も度が過ぎると・・・

謙遜も度が過ぎると・・・

ススキ揺れる
長い間、仕事を続けていれば、強く出ることが必要になる場面もあるでしょう。
あえて嫌われ役を演じることも。

しかし、基本的には、人間、威張ってはいけないと思っています。
人に接するに春風の如く。

さて、謙譲の美徳とよく申しますが、あまりにも遜り過ぎると、むしろ嫌味になる場合があるから要注意です。

必用以上の謙遜は、今時でいう「上から目線」になってしまいます。

「私には出来ます!」
こう、はっきり言葉に出来る人は、勇気ある人物。

自分を追い込んでいるのですから。

きっと、そういうことが語れる人は、「私には出来ません!」ということも言えることでしょう。

謙遜も度が過ぎると・・・・・それは自慢、自画自賛とも響き、相手に嫌悪感をもたらします。
気を付けたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です