講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

病休(病気休暇)、休職・復職の手続きが症状を悪化させるケース

病休(病気休暇)、休職・復職の手続きが症状を悪化させるケース


コスモス畑
今回の台風による風雨で、災害に遭われた方々に、まずもって心からお見舞い申し上げます。

これまでも何度となく、現代の学校現場が抱える大変さ・・・について書いてきましたが、その内情については、なかなか表に出ることはありません。
教師、先生方が抱えるストレス、不安を知る人は少ないのが現状だと言っていいでしょう。

近年、精神疾患による病気休職に入る教職員が多いということは、その断片や数字だけが語られ、効果的な対処、改善策を示し、実施するには至っていない状況です。

精神疾患は、適切な治療を受け、ゆっくり休息を得ることにより、大半は元気に戻れるはずなのですが、現実問題を見ると、休職から学校へ戻るとき、いわゆる復職に至る手続きが煩雑であり、事務日程も厳しいことから、それが心の負担となり、病状を悪化させてしまう例も少なくありません。

事務方とすれば、セオリー通りに、しっかりとした手続き、手順で進めたいところですが、病気であるのですから、常にセオリーが通用するとは限りません。

私達は、こういった手続き上の課題における苦労を背負い、悩みを深める教職員の皆さんに現実を見据えたお手伝いを実施しています。
そう、どのケースもセオリー通りにいけば、これほどまでに、悩める先生を生むこともありません。

病休(病気休暇)、休職、復職・・・と、「制度はどうなっているのか?」、「校長から、教育委員会からこう言われたけど、どうしよう?」と、自分の健康以前に、手続きに押し潰されてしまう事例が存在するのです。

私達は、まず先生方の健康を取り戻すことを第一と考え、「こういった場合には、どうしたらいいか」をお示ししていきます。

全国にたくさんの悩める先生方がいます。
一人でも多くの皆さんの支えになりたい。

それが、私達の願いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す