講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

体温の違い

体温の違い


赤レンガ
物事に取組むにあたり、常に情熱を傾けるタイプもいれば、とりあえずスマートに流すタイプもいますね。

体温の違いと言えると思います。

仕事、趣味やサークル・・・。
様々な場面で、そこには体温の違いが存在します。

グループ、集団で一緒に何かを進めていくとき、この体温の違いは、かなりの重要度を秘めています。

複数以上の人々が集まり、何かを為そうとする際、ストレスを感じ出すのは、メンバーそれぞれの体温が違うからです。

それをまとめ、共通項を見出し、モアベターな状態へと持っていくことが、リーダーの役割だと言えるでしょう。

そのためにも、リーダーは知っておかなければなりません。
人それぞれが、どんな願望を持っていて、どんなスタイルで物事に臨もうとしているか?を。

仕事を例に取れば、忙しくても困難な状況であっても、やり甲斐を求め続けている人もいれば、生活のために必要最小限のお金を稼げればいいと考える人もいます。

趣味やサークル活動であれば、自分達の活動を大きな舞台で発表したい!と望む人もいれば、そこまでは一生懸命やりたくないと思う人もいます。

グループ、集団が乱れ、崩れ出すのは、この体温の違いを認知せず、ただ走ってしまうこと。
リーダーは、それぞれの個性、思い、希望を頭に入れた上で、その中で、よりよい方法を探る必要があります。
そのことが、出来うるベストな結果を導き出すと言えることでしょう。

これを可能にするのは、やはり「人間を知っている」ということに帰結するのではないでしょうか。
仕事に限らず、様々な場面で、人間学とは重要且つ必要不可欠なものなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す