講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

宴会の幹事は学びの宝庫

宴会の幹事は学びの宝庫


パーティー
暑気払い、忘年会、新年会、歓送迎会など、サラリーマンには宴会がつきもの。
ある程度以上の人数になれば、幹事役を務める人が必要になりますね。

正直、面倒くさいーーー!
と思う人も多いことでしょう。

好きでやっているわけでもないのに、「幹事だから」ということで、様々な調整や準備をしなければなりません。

幹事の大変さや苦労を理解してくれる人ならば、「いいですよ」と、協力的な返事をくれますが、そのへんのことが分からない人達は、我儘を言い放題(笑)

〇日程や会場をどうするか?
〇料理や飲み物、予算はどうするか?
〇あいさつは誰にしてもらうか?
〇飲みものは足りているだろうか?
〇どこで〆にしようか?

などなど、いろいろなことに気を配り、頭を使わなければなりませんしね~。
しかも、酔って気持ちが大きくなってしまった人は、まるで下僕のように幹事に無理難題を言ったり(汗)

宴会の質や人数にもよりますが、いずれにしても幹事というのは大変です。

しかし、ここは学びの宝庫です。
〇調整力が身につく
〇プランニングの経験ができる
〇目配り、気配りを学べる
〇我儘を言う人、酔っ払いをクレーマーだと置き換えれば、苦情対応のスキルが身につく

まさに、実践で多くのものを会得する修行の場です。

それに、余程変わり者でない限り、職場をまとめようと幹事役で汗を流す人のことをトップ達は見ているし、感謝しているはずです。
ポイントアップ!(笑)

持ち回りなどで、望まないのに幹事に指名されることもあることでしょう。
そんなときは、楽しんじゃってください!
やり終えたときには、きっと自分にとってプラスが一杯ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。