講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

部下を潰す上司

部下を潰す上司


自転車
世の中には、「上司」と呼ばれる存在がいますね。
職員を管理・監督し、正しい方向へと導く役割を担うと共に、それぞれの職員の特性を理解し伸ばしていく。

もちろん立派な上司もたくさんいます。

しかし、時に「なぜこんな人が部下を持つ席に座っているのか!?」という事例も、現実にたくさんあります。

一生懸命やっている部下を認めず、精神的にも肉体的にも追い込み、潰してしまう人物です。

こういった現実を生むのは、「仕事ができる」、「有能である」というポイントで、管理・監督的な地位を与えてしまうことに問題があります。

実務能力と人をまとめていく能力は、まったく違うことだと認識しなければいけません。

上司が部下を潰してしまう典型的な例は、「自分のやり方、考え方」を部下達に押し付けることです。
そこには、部下の発想力は生まれず、ただただ、上司のお気に召すような振る舞いをするようになります。

人間は、一人ひとりが、得手、不得手も異なれば、個々の性格も違います。
すべての職員に、自分のやり方を押し付けても、歪が出るだけ。

学業優秀、出世街道まっしぐら・・・。
こういった人物は、時に危険性をはらんでいます。

いかにしたら、部下達が持つ才能を活用できるか?
それをしっかり見極めることが必要です。

自分こそ善、自分こそ正しい!と考え、どんなことにも、言うとおりにやれという上司であってはなりません。
人それぞれの強み、弱みをしっかり把握し、どうしたら組織にとってプラスになるのか?を考えてほしい。

長くなりますので、後日稿を改めますが、そういった高圧的な上司から不条理な命令を受けたときの部下としてのリアクションについても、今後書いていきたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す