講演,研修の講師,カフェ・ミーティング 埼玉教育サポートセンター

病休(病気休暇)、休職時に陥りやすいこと

病休(病気休暇)、休職時に陥りやすいこと

あさがお
学校現場で、先生達に何が起こっているのか?

心を病み、長期にお休みされるケースが多いことは、これまでも何度となく書いてきました。
文部科学省が発表している数字も指針にはなりますが、服務上の手続き上、表に出て来ない数も含めれば、潜在的に精神疾患を抱えている人数は、かなりのものになると、私達は推定しています。

先生が心の病にかかったとき。
もちろん、最重要なのは、よく療養し、治療を続け、元気に職場復帰を果たせるようにすることです。

一方、いざそういった事例が出たとき、幸運である先生と、そうでない先生があるのも、悲しいかな事実です。

それは、「その時」一緒である管理職が、どれだけ精神疾患のことを理解しているか?ということ。

教職員が、体調を回復させ、スムーズに復職できるように、適切な対応が出来るならば、そういった職場にいる先生は幸いだと言えるでしょう。

しかし、慣れていない管理職の場合だと、ついあたふたしてしまい、「服務上の手続きはどうしたらいいんだ!?」と、事務的なことで、頭が一杯になってしまいます。

こういった不運なケースの場合に、よく見られるのは、頻繁に学校から休暇(休職)中の先生に連絡をしてくるということ。

こうなってくると、療養しているはずの先生は、「自分が休んでいるから迷惑をかけている」と悩み、焦りや不安に苛まれることにより、休んでいるはずが、更に症状を悪化させてしまうことも儘あります。

そういった不幸、不運をなくすために、私達は、全力で応援します。
それが、このセンターを立ち上げた理念でもあるからです。

鬱(うつ)など、精神疾患にかかった場合には、回復するまでには、ある程度の時間を必要とします。
しかし、逆にいえば、しっかり時間をかけて療養すれば、必ず元気になれるのです。

「もう退職するしかない」、「もう生きている理由がない」
いえ、そう考えないでください。

絶望はありません。
必ず道はあります。

一人でも多くの先生方をサポートするため、私達は、全国どこへでも飛んでいきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です